[Flutter]「Hot Reload」と「Hot Restart」と「Full Restart」の違いとは

Flutterには、プログラムの変更を即座に画面で確認することのできる「Hot Reload」という便利な機能があります。

実はプログラムの変更を確認するための機能としては、「Hot Reload」以外に「Hot Restart」と「Full Restart」というのも存在するのですが、これらの違いは以下のような感じになっています。

  Hot Reload Hot Restart Full Restart
実行方法

アプリをビルドしている状態で「Ctrl+S(Windows)」or「Command+S」

アプリをビルドしている状態でAndroid Studioのゲジゲジボタンor再生ボタン

アプリを一旦止めてから再ビルド

 

実行速度 早い(1秒以内がほとんど) 普通(3秒程度) 遅い(30秒程度)
注意点 buildメソッドの再実行なので(Widgetツリーの再描画なので)、initState及びmain関数の変更は反映されない 再度アプリを最初から実行するので、initeState・main関数の変更も反映されるが、buildメソッドが2回回る現象が発生する可能性あり ビルドプロセスを最初からやり直す(コンパイルからやり直す)ので、時間がかかるが、buildメソッドが2回回る現象は発生しない

(詳しくは、以下の動画で解説していますので、よろしければご覧下さい)

こんな記事も読まれています

おすすめコンテンツ






Flutter(フラッター)


みんプロ作成アプリ




TOP