[Flutter]Widgetとは⑤:最低限おさえておくべきWidgetとは

(Widgetとはシリーズの続きです)

Flutterでは、

見た目に関する部分はすべて「Widget」で構成され、

Widgetは状態が変化するもの(StatefulWidget)と状態が変化しないもの(StatelessWidget)に分けられ、

ツリー構造になっており、

そして、Widgetを実際に描画する(お絵かきする)ためのメソッドが「build」メソッドになります。

実はこのFlutterの根幹をなすWidgetというのは、実に100種類以上あります!

とてもそんな数覚えられませんよね。

そんな100種類以上あるWidgetの中から、初心者の方が最低限覚えておくべきWidgetをまとめてみました。

(詳しくは、下の動画で解説していますので、よろしければ、ご覧下さい)

こんな記事も読まれています

おすすめコンテンツ




Flutter(フラッター)


みんプロ作成アプリ




TOP