[Android]Kotlinのコンストラクタと「init」(なぜ「init」が必要なのか)

Kotlinでは、クラスのインスタンスを生成するためのコンストラクタに加えて、インスタンス生成時に初期化(initialisation)を行うための「init」ブロックがあります。

ところが、変数(プロパティ)はわざわざ「init」ブロックを使わなくても、通常の宣言の文で初期化することが出来ます。

では、なぜ「init」ブロックが存在するのでしょうか。

 

このミニ動画講座で学べること

  • プライマリコンストラクタとは
  • セカンダリコンストラクタとは(コンストラクタは複数作ることが出来る)
  • 「init」ブロックとは
  • 「init」ブロックが存在する理由(複数のコンストラクタが存在する場合にどのコンストラクタでインスタンスを生成しても初期化処理を行えるようにするため)

(詳しくは下の動画で解説していますので、よろしければご覧ください)

こんな記事も読まれています

みんプロにかける想い

  1. プログラミングは手段の1つに過ぎない(目的は自分のアイデアを形にすること)

  2. こんな無駄な苦労をするのはぼくで最後にしたい(ぼくがプログラミング講座をはじめたわけ)

  3. プログラミングを通じて「やわらかい世の中」を作りたい(ぼくがプログラミング講座をやっている本当の理由②)

  4. ぼくが別に言う必要のない挫折の黒歴史をあえてさらけ出している理由(自分の中にある「ブロック」を外すきっかけにしてほしい)

  5. プログラミングはみんなのもの!(プログラミングの醍醐味である「楽しさ」を伝えたい)

みんプロ作成アプリ




みんプロ代表の黒歴史


TOP