Flutter2.2以降は「@required」が「required」に変更されました(「@」が不要に)

Flutter/Dartで、関数(メソッド)コンストラクタで設定する引数(パラメータ)で、必ず値を入れる必要があるものに関して、

Flutter2.2以前では「@required」としていましたが、Flutter2.2以降は「@」を抜いた「required」に変更となりました。

なぜ「@」が不要になったのかの詳しい説明はDartの公式リファレンスには載っていませんが、

どうやら、Flutter2.2から強制適用となった「Null Safety」対応が絡んでいるようです。

(詳しくは、以下の動画で解説していますので、よろしければご覧下さい)

こんな記事も読まれています

おすすめコンテンツ




Flutter(フラッター)


みんプロ作成アプリ




TOP