Flutter(フラッター)のプロジェクトで抑えておくべきフォルダ3兄弟(②:assetsフォルダ)

Flutterで覚えておくべきフォルダ3兄弟の続きです。

 

「assets」フォルダというのは、プロジェクトで使う小道具(画像・音・ファイルなど)を入れるためのフォルダです。

ただし、このフォルダはプロジェクトを作った段階では存在しないので、自分で作る必要があります。

また、ここでは「assets」フォルダという名前にしていますが、これはただのフォルダ名なので、自分の好きな名前にして頂いて構いません。

ですから、

プロジェクトのルートで右クリック⇒New⇒Directoryで

 

フォルダ名を設定してやれば(この場合は「assets」)

出来上がりです。

 

(下の動画でも解説していますので、よろしければ御覧ください)

 

こんな記事も読まれています

みんプロにかける想い

  1. ぼくが別に言う必要のない挫折の黒歴史をあえてさらけ出している理由(自分の中にある「ブロック」を外すきっかけにしてほしい)

  2. プログラミングは手段の1つに過ぎない(目的は自分のアイデアを形にすること)

  3. プログラミングはみんなのもの!(プログラミングの醍醐味である「楽しさ」を伝えたい)

  4. プログラミングを通じて「やわらかい世の中」を作りたい(ぼくがプログラミング講座をやっている本当の理由②)

  5. こんな無駄な苦労をするのはぼくで最後にしたい(ぼくがプログラミング講座をはじめたわけ)

みんプロ作成アプリ




みんプロ代表の黒歴史


TOP