Flutter(フラッター)のプロジェクトで抑えておくべきフォルダ3兄弟(②:assetsフォルダ)

Flutterで覚えておくべきフォルダ3兄弟の続きです。

 

「assets」フォルダというのは、プロジェクトで使う小道具(画像・音・ファイルなど)を入れるためのフォルダです。

ただし、このフォルダはプロジェクトを作った段階では存在しないので、自分で作る必要があります。

また、ここでは「assets」フォルダという名前にしていますが、これはただのフォルダ名なので、自分の好きな名前にして頂いて構いません。

ですから、

プロジェクトのルートで右クリック⇒New⇒Directoryで

 

フォルダ名を設定してやれば(この場合は「assets」)

出来上がりです。

 

(下の動画でも解説していますので、よろしければ御覧ください)

 

こんな記事も読まれています

おすすめコンテンツ




Flutter(フラッター)


みんプロ作成アプリ




TOP