プログラミング挫折撲滅への道 みんプロにかける想い プログラミングを学ぶ意義

プログラミングを学ぶようになってぼくに起こった内面的変化

2019年3月13日

 

プログラミングというのは、最近は教育の現場にも顔をのぞかせているということで、だいぶ世間にも広く浸透してきているものではあるんですけれども。

世間的には、プログラミングというのは、「仕事をする上で必要なスキルの獲得」という側面で捉えられることが多いですね。

英語やったら「TOEIC」、会計やったら「会計士」、法律やったら「弁護士」みたいな、言ってみたら「資格を取る」的な意味合いで。

ただ、実際にぼくもアラフォーから全然プログラミングできない状態からやりまして、アプリを出せる程度に、あとは人様に教えることができるくらいまでには、来ることができたたわけですが。

その過程で、自分の中に起こった変化というのをつぶさに振り返ってみるとですね、

プログラミングを学ぶことは「仕事をする上で必要なスキルの獲得」以上のものがある

ことがわかったんですね。

プログラミングを学んでアプリを作る体験が「精神的な自立」をもたらしてくれる可能性

 

アプリを作るというのは、「自分のアイデアを形にする」ということなので、自分で考えないといけないということですよね。

今は便利な世の中になってきていますから、逆にアウトプットをしなくなってきている傾向というのも一方にあって、それによってだんだんと「自分で考える力」を失ってきている側面があったりします。

プログラミングはインプット過多の時代の危険性からあなたの身を守る

  今はアウトプットをしなくても生きていける時代にどんどんとなっていっていますが、インプット過多になってしまうと、どんどんサボり癖がついていって、脳の体力と労力を使う「考えること」を放棄して ...

続きを見る

それが、

「プログラミングを学んでアプリを作る」という経験をすると、「自分で考える力」というのを取り戻せるというか、養えるというか。

それによって、

「自分で自分の考えをしっかり持って人生を生きていく」という「精神的な自立」みたいなものを促す

効果があるような気がしています。

この「自分の頭で考える」というのが非常に重要で、そういうのが無い時にはですね、やれネットのニュースとか見て、

「この人(有名人)がこう言ってるから、あーだこーだ」

とか言って、その人の意見に左右されたりとかしますけれども、自分で考える訓練をつけていくと、そういうところから自分を一歩距離を置いて見ることができる。

プログラミングをやっているとそういう気付きがあったんですね。

 

アプリを作る「プロセス」に没頭することによって得られる「幸福感」

 

あともう一つ、これが意外というか、ある意味人生の真実を突いているかもしれないんですけれども。

実際に、アプリという成果物を出すという「結果」もそうなんですけれども、実はアプリを作っている最中の「プロセス」にも、とても価値があると。

つまり、

どんなアプリにしようかと考えたりとか、

画面のイメージを考えたりとか、

あとはイメージがわいてきたから実際にコーディングをしてみるとか、

こういう、アプリを作っている途中の「プロセス」がものすごい楽しかったんですよ。

こういうのって、今まで味わったことなかった。

これがものすごい発見だったんですね。

アプリを作っている途中の「プロセス」に自分が没頭することによって「高揚感」というか「幸福感」というものが得られると(心理学的には「フロー状態」と言ったりするみたいですけど)。

あ、「結果」だけじゃなくて、実際にやっている「プロセス」自体に、人というのは「幸せ」を見いだせるんやな。

ということに、気づくことが出来たんですね。

「結果」というのはどうなるかわかりませんけれども、自分が行為としてやっている「プロセス」というのは、そこに意識を投入しさえすれば、自分でいくらでも楽しめますよね。

これっていうのは、プログラミングに限らず「モノを作る」ということには共通することかもしれないんですけど、まさに

プログラミングとは「二次元のモノづくり」やなあ

と言えるゆえんかなと思うわけですね。

そんな感じで、プログラミングを勉強することによって、外面的なスキルの獲得というのもそうなんですが、それ以上に意外にも自分の内面に色んな変化が起こったんですね。

 

プログラミングを学ぶ=「人生の質そのものを豊かにしてくれる」

 

プログラミングっていうのは最近は教育の現場にも足を踏み入れたりしています。

また、特にスマホアプリとかWebの世界っていうのは、「IT人材が全然足りませんわ」みたいな話の中で、プログラミングを学ぶということが「仕事に役立つスキルの獲得」という側面がフォーカスされがちになっています。

でも、プログラミングを学ぶということは、「仕事に役立つスキルの獲得」という側面もあると思いますけど、実はそれ以上に、

人生の質そのものを高める、豊かにしてくれる効果をものすごい秘めている

んです。

これが、自分に起こった変化を振り返ってみて思うんですね。

ですから、

本当にこういう「人生の質を高める変化」というのを、一人でも多くの人に感じてもらうことが出来たら、今の世の中を覆っている何とも言えない閉塞感と言うか、生き辛さ的なものというのが、少しでも氷解するきっかけになるんじゃないかな

みたいなことを不遜にも感じていて、一人でも多くの人に、この喜びを知ってもらいたいという想いで「みんプロ」の活動を続けていきたいなと思っているわけであります。

 

みんプロへのお問い合わせはこちらよりお気軽にお寄せ下さい

経験ゼロから
3ヶ月でアプリが出せる

なぜプログラミングの学習は
9割もの人が挫折するのか

ぼく自身の黒歴史の経験から
挫折パターンと
脱却ノウハウが明らかに!

最後まで読んだあなたは
もう挫折から
脱却せずにはいられない!

かもしれない

チェックするの今でしょ!

みんプロならアプリ出せるって最初に確信した(受講生インタビュー・芝 毅仁さん)

社会人にはうってつけの講座だと思います(受講生インタビュー・大河内 誠一さん)

ぼくの人生挫折ヒストリー

ぼくのプログラミング挫折ヒストリー

  • この記事を書いた人
北川 博之 (みんなのプログラミング by Telulu LLC 代表)

北川 博之(みんなのプログラミング by Telulu LLC 代表)

大阪府生まれ。京都大学経済学部経済学科卒業。2000年より、日本生命保険、ニッセイアセットマネジメント、パトナム・インベストメンツ(米国)で、日本株トレーダー・アナリスト、経営企画、システム開発等の業務に従事。主に日本株の売買執行・投資分析、経営計画の策定、海外投資家向け日本株営業、社内トレーディングシステム及び経理システムの開発等を行う。2016年、合同会社てるる設立。スマホアプリプログラマーとして「新感覚脳トレアプリ・記憶戦隊オボエルンジャー」「Meisoー1番シンプルなマインドフルネス瞑想アプリ」をはじめとした、メンタルヘルス・知育系アプリを中心に4タイトル・計8本(Android・iOS)をリリース。2017年、自身のこれまでの社会人経験・プログラミング経験・子育て経験を基に、プログラミングを通じて人々の人生を豊かにして、未来に希望の持てる明るい社会の実現に貢献したいとの想いから、プログラミング完全初心者と挫折経験のある人を支援する「プログラミング挫折撲滅プロジェクト・みんなのプログラミング by Telulu LLC」を設立し、プログラミングサポーター活動と心理カウンセリング活動を開始。これまでに2,000名を超える方のプログラミング挫折撲滅をサポート。

みんプロ式・おすすめ講座3兄弟

1

(上の画像をクリックするとプロモーション動画がご覧頂けます)   プログラミング経験一切不要! 今最も注目のアプリ開発ツール 「Flutter(フラッター)」を使って 経験ゼロでもたった3ヶ ...

2

(上の画像をクリックすると、プロモーション動画がご覧頂けます)   プログラミング経験一切不要! 今最も注目のプログラミング言語 「Koltin(ことりん)」を使って 経験ゼロでもたった3ヶ ...

3

   プログラミング経験一切不要。 世界のスマホの約7割という圧倒的なシェアを占めるAndroid。 そのAndroidアプリの開発力と、世界で最も使われているプログラミング言語「Java ...

-プログラミング挫折撲滅への道, みんプロにかける想い, プログラミングを学ぶ意義

Copyright© みんなのプログラミング by Telulu LLC , 2019 All Rights Reserved.