大坂なおみ選手に学ぶスゴい気持ちの切り替え方

おはようございます。今日は2019年の1月の28日ですね、月曜日なんですけれども。

この週末はですね、なんといってもこれですよね。あの国民的アイドルグループである嵐さんがですね、来年末をもって活動を休止すると。

僕は嵐のことは全然知らないんですけれども、それでもね、そんな僕でも「えーっ!!」っていう。 SMAP の時も凄かったですけども、これもそれに匹敵すると言うか、非常に大きな出来事かなということで。

これから今年元号も変わりますから、新しい時代に入っていくという意味で、それに伴う大きな変化を象徴するような出来事かなと思ったりするわけで。これをもってまたね、ジャニーズの中でも世代交代みたいな感じになっていくんでしょうけれども。

まあ、その世代交代という意味ではですね、新しく台頭してきた人として今一番注目されてんのがこの人ですよね。大坂なおみさんですね。

 

僕らが想像するような日本人じゃない人が日本人として世界で活躍する素晴らしい時代が到来

土曜日にテニスで世界ランキング1位になったという。僕なんかもあんまりテレビ見ないんですけど、たまたまこれつけてたらですね、なんかものすごい惹き込まれてしまいまして。

この人なんかはまあ、日本人ですけれどもほとんど日本語が喋れなくて。日本語の喋れない日本人という、まあ新しい何というんですかね、この日本人像ではないですけれども、これから日本の社会というのも、ダイバーシティですね、多様性を受け入れていく必要があるという中においてですね、まさに象徴的な人ですね。

この大坂なおみさんにしろ、陸上のケンブリッジ飛鳥さんにしろね、こう見た目は僕らが想像するような日本人じゃない人が、日本人として世界で活躍するっていうのはね、これはなんかすごい良いことだなあと思いながら見てたんですけれども。

その中でですね、このテニスの試合ですね、結果的に大坂さん勝利されたんですけれども、第二セットの途中で、王手のところまで行ってから形勢逆転されて、一時はね、涙を流してこのままズルズルいってしまうんじゃないかなと思われてたんですけども、そこを見事に切り替えて立ち直ったという、この大坂さんの気持ちの切り替え方みたいなところがですね、すごいなぁということで。

 

ネガティブをポジティブに変えるんじゃなくて全部をスイッチオフする

じゃあ、一体彼女はどうやって気持ちを切り替えたんだろうというところを見てたらですね、この第二セットで形勢がですね、途中逆転された後に、ミスとかするとね、「ワ~っ!」とか、色々感情をあらわにするような行動とかがあったんですけども。

第三セットに入ってからですね、いいプレーをしても悪いプレーをしても、一切表情に出さない。明らかにプレイの仕方が変わったというか、があったんですね。

実際に最後終わった後のインタビューでお話しされたのが、「感情のスイッチをオフにしましたと、全部」って言ってたんですよ。これはすげーなと。

ネガティブな感情をどうやって切り替えるのかっていうのは、人間生きていく上で非常に大きなテーマだったりするわけですけども、その時にネガティブなものをポジティブに変えようとするというのが、一般的に気持ちの切り替え方として言われたりするわけですけれども。

彼女の場合は、ネガティブをポジティブに変えるんじゃなくって、全部をスイッチオフするということをやって、それによってなんでしょうね、自然に気持ちが切り替わっていたという風な手法をとったという。これほんとすごいなと思いまして。

 

こういうのがスポーツのいいところ

大坂さんはだから無表情をとったんですね、ポーカーフェイスで。いいプレーをしてもポーカーフェイス、ミスしてもポーカーフェイス。

見てるこっちがね、一挙手一投足に「あー」とか「ワ~!」とか「ギャー」とか言うてんのに、ぼくらはただ見てるだけですけれども、実際にプレーしている彼女なんかは、もうそれの何百倍・何千倍のプレッシャーの中でやってるにもかかわらず、あのポーカーフェイスで気持ちを切り替えていったというのは、ほんまにスゴいな~と。

ここにね、ものすごい感動いたしまして、ちょっと日常生活でも取り入れていければなあと言う風に思ってる次第でありまして。

まあ、こういうのがスポーツのいいところなんでしょうね。ていうのをホント勉強させていただきましたので、シェアさせて頂きました。

ありがとうございました。

 

アバター

北川 博之(きーぼー)

みんなのプログラミング by Telulu LLC代表 大阪府生まれ。京都大学経済学部経済学科卒業。 2000年より、日本生命保険、ニッセイアセットマネジメント、パトナム・インベストメンツ(米国)で、日本株トレーダー・アナリスト、経営企画、システム開発等の業務に従事。主に日本株の売買執行・投資分析、経営計画の策定、海外投資家向け日本株営業、社内トレーディングシステム及び経理システムの開発等を行う。 2016年、合同会社てるる設立。スマホアプリプログラマーとして「新感覚脳トレアプリ・記憶戦隊オボエルンジャー」「Meisoー1番シンプルなマインドフルネス瞑想アプリ」をはじめとした、メンタルヘルス・知育系アプリを中心に4タイトル・計8本(Android・iOS)をリリース。 2017年、自身のこれまでの社会人経験・プログラミング経験・子育て経験を基に、プログラミングを通じて人々の人生を豊かにして、未来に希望の持てる明るい社会の実現に貢献したいとの想いから、プログラミング完全初心者と挫折経験のある人を支援する「プログラミング挫折撲滅プロジェクト・みんなのプログラミング by Telulu LLC」を設立し、プログラミングサポーター活動と心理カウンセリング活動を開始。これまでに3,000名を超える方のプログラミング挫折撲滅をサポート。

こんな記事も読まれています

みんプロにかける想い

  1. プログラミングはみんなのもの!(プログラミングの醍醐味である「楽しさ」を伝えたい)

  2. トランプ政権2期目に起こるIT業界激震予想(前編:スマホの世界の構造問題に荒療治が行われる可能性)

  3. ぼくが別に言う必要のない挫折の黒歴史をあえてさらけ出している理由(自分の中にある「ブロック」を外すきっかけにしてほしい)

  4. プログラミングは手段の1つに過ぎない(目的は自分のアイデアを形にすること)

  5. トランプ政権2期目に起こるIT業界激震予想(後編:ブロックチェーンによるインターネットの再民主化が行われる可能性)

みんプロ作成アプリ




みんプロ代表の黒歴史


TOP