気分が落ち込んだときに運動すると良いと言われる本当の理由とは

よくですね、この講座でも申し上げてるんですけれども、気分が落ち込んだりとかですね、あとはネガティブな気分になった時に、散歩とかだけでもいいと思うんですけども、運動するといいという風によく言われますけれども、あれなんでなんやろうと。

 

その秘密、漢字に有り!

確かにね、気分が落ち込んでる時とかに、散歩とかパーッと行くとですね、何故か気分が晴れてるとかっていうのは、ちょっとで一回やってみていただければ分かると思いますけれども。

これがいったい何でやろうと思って考えてみるとですね、なんとこれ漢字にあったんです。 ほら見て下さい。

 

運動ですよ、運動。この漢字。これ「運を動かす」って書いてるでしょ。「ハハーっ、なるほどね」と。

だから運動することによってですね、体を動かすこともそうなんですけど、漢字見たら「運を動かしてる」ってことですよね。

ですから、ふさぎこんでたり落ち込んでるっていうのは、運が悪いっていう風に自分が思ってるとってことですよね。だから、それを体を動かすことによっては、このマインドを動かしていこうというのが、多分この「運動」という意味にあるんちゃいますか。

 

体の調子を整えることによって、結果的に心の調子を整える

これだからね、「身体の心理学」とかっていうのがあってですね、心を直接コントロールする難しいけれども、体に作用することによって、間接的に心をコントロールしようと。瞑想とかもそうですよね。

だからいきなりこの心をネガティブなものをポジティブに変えるって言うのは無理だけれども、例えば瞑想するとか運動するとかいうことによって、体の調子を整えることによって、結果的に心の調子が整うみたいな。

これ漢字にそう書いてるよねと。と、今更ながらちょっと発見がありましたんで、ちょっとシェアさせていただきたいと思いまして、今日の放談とさせていただきました。

どうもありがとうございました。

 

こんな記事も読まれています

おすすめコンテンツ




Flutter(フラッター)


みんプロ作成アプリ




TOP