「flutter_speed_dial」バージョン4.0以降は「marginBottom」属性が廃止になりました

このページには広告が含まれる場合があります。

 

Google先生が提唱するデザインガイドラインである「マテリアルデザイン」において、

blank

画面右下からボタンを押すと複数のアクションボタンを表示できる「Speed Dial」という考え方があり、

blank

その機能をFlutterで実現できる「flutter_speed_dial」というパッケージがあります。

このパッケージを使う際に、SpeedDialの位置を画面の最下部からの間隔を設定できる「marginBottom」という便利な属性があったのですが、

blank

これが「flutter_speed_dial」パッケージのバージョン4.0以降は廃止になってしまいました。

これはパッケージのissueにも上がっていて、作者の方は「『(FlutterのSDKに入っている)floatingActionButtonLocation』で代用できるから要らんやろと思ったので廃止した」とのことですが、

Regarding the marginEnd and marginBottom, they are not needed anymore cause you can just use the floatingActionButtonLocation property to specify the location of the speed dial.

残念ながら「floatingActionButtonLocation」では、特定の数値で間隔を設定できないので、仕方がないので、以下のように「SpeedDial」を「Padding」でくるんで余白を設定してやれば、「marginBottom」と同じことが実現できます。

blank

(詳しくは、以下の動画で解説していますので、よろしければご覧下さい)

(注)以下のフォームより当社公式メールマガジンにご登録頂くことで
約6時間のFlutter動画講座が無料で受講できます!

(メールマガジンは登録無料・いつでも解除可)

[体験版]
ゼロからのFlutter
(Flutter初級編) 

 

【体験版講座に含まれるもの】
・約70本・約6時間の動画テキスト
・1つの課題アプリのソースコード
・Flutterアプリを作るための「環境構築ライブサポート(Google Meet)」
(「体験版」は全30時間超の「製品版」の約1/6を抜粋した講座です。「製品版」の詳細はこちらから)

 

【当社公式メルマガご登録6大特典】
blank

\約6時間動画講座を無料プレゼント!/
今すぐ無料体験版に申し込む ▶
無料メルマガ登録で講座割引クーポンなど6大特典ゲット!

こんな記事も読まれています

今すぐプレゼントを受け取る(約6時間のFlutter初級編体験版動画講座を無料でプレゼント)
blank

はじめての方へ

blank
みんプロ式プログラミング講座体系・ラインナップ
みんプロ式プログラミング講座受講の流れ(割引特典利用方法)
サイトマップ(みんプロHPコンテンツ一覧)
運営会社概要

みんプロ作成アプリ

blank
blank
blank
blank
blank

みんプロ式動画講座(コア・Flutter)

ゼロからのFlutter(初級編)-はじめてのプログラミングからアプリリリースまで-
Flutter中級編1-Web通信・設計・状態管理・DIの基礎-
Flutter中級編2-Firebase/地図・カメラ連携等の基礎-
Flutter中級編3-広告/アプリ内課金等の基礎-
Flutter中級編4-Webアプリとレスポンシブデザインの基礎-

みんプロ式動画講座(サテライト)

Flutter/Dartトラブルシューティング・小ネタ集(コア初級編受講で無料プレゼント)
ゼロからのGit・GitHub(コマンドラインツールを極力使わないバージョン管理入門)
Flutter/Dartにおける設計・状態管理・DIの解説集
Dart逆引き大辞典
Flutterにおけるテストの基礎
blank
blank

今すぐプレゼントを受け取る(約6時間のFlutter初級編体験版動画講座を無料でプレゼント)
TOP