制約があるからこそ創意工夫が生まれる

世の中には色んな自己啓発系の本がありますが、その中でも上位にランキングされるカテゴリーの1つに「時間管理術」というのがあります。

これは、決定的な方法がないからなのか、それとも答えが一つではなくて色んな方法があるからなのか、おそらくその両方なのでしょうけど、次から次へとこの種の本が出てくる状況です。

時間を効率的に使うことは忙しい現代人にとって永遠のテーマなのでしょうが、では、なぜ時間管理のようなものを考えないといけないのでしょうか。

それは、当たり前ですが、人間に与えられている時間というのは1日24時間と決まっているから、つまり、時間は無限でなく有限だからということに他なりません。

つまり、その有限な時間をどうやって効率よく使っていこうかという観点から、時間管理術という創意工夫が生まれてくるわけです。

逆に、時間がいくらでも無限に存在する状況であるならば、時間を管理する必要がないわけですから、時間管理術という創意工夫などは生まれてくるはずがないわけです。

そう考えると、時間管理に限らず、何か人が創意工夫をしようと思えば、何がしかの制約がないことには生まれてこないのではないかということが言えそうです。

例えば、子育てをしながら働く女性の業務遂行能力はものすごいという研究を、どなたかがしていたような気がしますが、家事も子育ても仕事もフル回転で行う女性のマルチタスク能力はたしかにめちゃめちゃすごい。

ぼくも、家庭の事情で主夫的なことをやっていた時期がありますが、とても女性みたいに仕事もしながら家のこともフル回転でやるなんて、とてもできたものではありませんでした。

この究極のマルチタスクは男には無理だ、やっぱり男なんかよりも女性の方がすごいんやなあと痛感させられたわけであります。

つまり、子育てや家事をしながら働く女性は、よりきつい制約条件の下で仕事をされているわけで、そのきつい制約条件が、意識しているかいないかに関わらず、ものすごい創意工夫をもたらしているということなのです。

また、何か商売をやるといったときにも、お金も人も無限にあれば、何の工夫もせずに何でもできてしまうわけですが、逆にお金も人も少ないからこそ、どうやったら少ない資源の中でうまくやっていけるのかという創意工夫が生まれてくる。

ですから、ぼくも含めて人というのは「不足していること・足りないこと」に目が行きがちになってしまいますが、逆に「『無い』からこそ、そこから創意工夫が生まれる」という発想に転換してみるというのは良いかもしれないですね。

この発想の転換が出来れば、それまでのネガティブだった気持ちも変わってくるのではないか、そして創意工夫を生み出す意欲が湧いてくるのではないか、という気がしないでもないわけです。

アバター

北川 博之(きーぼー)

みんなのプログラミング by Telulu LLC代表 大阪府生まれ。京都大学経済学部経済学科卒業。 2000年より、日本生命保険、ニッセイアセットマネジメント、パトナム・インベストメンツ(米国)で、日本株トレーダー・アナリスト、経営企画、システム開発等の業務に従事。主に日本株の売買執行・投資分析、経営計画の策定、海外投資家向け日本株営業、社内トレーディングシステム及び経理システムの開発等を行う。 2016年、合同会社てるる設立。スマホアプリプログラマーとして「新感覚脳トレアプリ・記憶戦隊オボエルンジャー」「Meisoー1番シンプルなマインドフルネス瞑想アプリ」をはじめとした、メンタルヘルス・知育系アプリを中心に4タイトル・計8本(Android・iOS)をリリース。 2017年、自身のこれまでの社会人経験・プログラミング経験・子育て経験を基に、プログラミングを通じて人々の人生を豊かにして、未来に希望の持てる明るい社会の実現に貢献したいとの想いから、プログラミング完全初心者と挫折経験のある人を支援する「プログラミング挫折撲滅プロジェクト・みんなのプログラミング by Telulu LLC」を設立し、プログラミングサポーター活動と心理カウンセリング活動を開始。これまでに3,000名を超える方のプログラミング挫折撲滅をサポート。

こんな記事も読まれています

みんプロにかける想い

  1. プログラミングを通じて「やわらかい世の中」を作りたい(ぼくがプログラミング講座をやっている本当の理由②)

  2. プログラミングはみんなのもの!(プログラミングの醍醐味である「楽しさ」を伝えたい)

  3. トランプ政権2期目に起こるIT業界激震予想(前編:スマホの世界の構造問題に荒療治が行われる可能性)

  4. トランプ政権2期目に起こるIT業界激震予想(後編:ブロックチェーンによるインターネットの再民主化が行われる可能性)

  5. こんな無駄な苦労をするのはぼくで最後にしたい(ぼくがプログラミング講座をはじめたわけ)

みんプロ作成アプリ




みんプロ代表の黒歴史


TOP