本気はビジュアルを超える

街を歩いていると、「こんなべっぴんな女の人になんでこんなブサイクな男がついてるねん」という、いわゆる「美女と野獣」的なカップルをたまに見かけることがあります(ぼくに言われたくないですよね)。

なぜ、そのようなことが成立するのか。

一般的には「見た目が9割」という本も出ているくらいに見た目が大事だと言われていて、女性はきれいでかわいくある必要があるし、男も男前でないと話もしてもらえない。

また、会社もウェブサイトの見た目をきれいにしておかないと、中身すら見てもらえないと言われるくらい、ぼくも含めて「見た目重視」の世の中です。

そんな状況でありながら、では、なぜ「美女と野獣」的なカップルが成立するのでしょうか。

これは、ぼくがまだいたいけな少年だった頃の、「ドラマと言えば『月9』」といわれるくらい「月9」ドラマが隆盛だった、今では考えられない時代の話です。

その当時に、「あぶない刑事(知らんかな~?)」の浅野温子と、今度「水戸黄門」をやる武田鉄矢(金八先生)が共演した「100回目のプロポーズ」という大ヒットドラマがありました(このドラマの主題歌を歌っていたのが、最近すったもんだのあった「チャゲ・アス」だったのですが、、)。

このドラマは、浅野温子さん扮する「美女」と、武田鉄矢扮する「野獣」との間に恋が芽生えるという話なのですが、このときにどうやって「野獣」である武田鉄矢は、浅野温子という「美女」を射止めたのか。

ここで出てくるのが、30年近く経った今でも語り継がれている名場面です。

大通りのど真ん中で、ダンプカーが突っ込んでくるところを武田鉄矢が飛び込んで止めて、浅野温子に向かって「僕は死にましぇ~ん」というその年の流行語大賞にもなった名セリフを叫んだシーン。

そんなシチュエーションが現実にほんまにあるんかと、ツッコミを入れたくはなりますが、「野獣」である武田鉄矢が、「美女」である浅野温子に、自分の本気の想いを伝える。

ダンプカーに突っ込んで、死ぬ覚悟で自分の想いを本気で伝えたら、何とビジュアルという「ワザ」を超えて、「野獣」が「美女」のハートを射止めることが出来たというわけなのです。

つまり、ビジュアルという「見た目」も大事ですが、それ以上に「熱意」というか「本気度」というか、そういう「熱い想い」の方に、人間というのは心を動かされることがあるということですね。

これこそが、「美女と野獣」的なカップルが生まれるカラクリなのだろうと思います。

これは、ビジュアルでは勝負できないぼくたちにとって、なかなか勇気のもらえる話であります。

 

アバター

北川 博之(きーぼー)

みんなのプログラミング by Telulu LLC代表 大阪府生まれ。京都大学経済学部経済学科卒業。 2000年より、日本生命保険、ニッセイアセットマネジメント、パトナム・インベストメンツ(米国)で、日本株トレーダー・アナリスト、経営企画、システム開発等の業務に従事。主に日本株の売買執行・投資分析、経営計画の策定、海外投資家向け日本株営業、社内トレーディングシステム及び経理システムの開発等を行う。 2016年、合同会社てるる設立。スマホアプリプログラマーとして「新感覚脳トレアプリ・記憶戦隊オボエルンジャー」「Meisoー1番シンプルなマインドフルネス瞑想アプリ」をはじめとした、メンタルヘルス・知育系アプリを中心に4タイトル・計8本(Android・iOS)をリリース。 2017年、自身のこれまでの社会人経験・プログラミング経験・子育て経験を基に、プログラミングを通じて人々の人生を豊かにして、未来に希望の持てる明るい社会の実現に貢献したいとの想いから、プログラミング完全初心者と挫折経験のある人を支援する「プログラミング挫折撲滅プロジェクト・みんなのプログラミング by Telulu LLC」を設立し、プログラミングサポーター活動と心理カウンセリング活動を開始。これまでに3,000名を超える方のプログラミング挫折撲滅をサポート。

こんな記事も読まれています

みんプロにかける想い

  1. トランプ政権2期目に起こるIT業界激震予想(後編:ブロックチェーンによるインターネットの再民主化が行われる可能性)

  2. こんな無駄な苦労をするのはぼくで最後にしたい(ぼくがプログラミング講座をはじめたわけ)

  3. プログラミングを通じて「やわらかい世の中」を作りたい(ぼくがプログラミング講座をやっている本当の理由②)

  4. トランプ政権2期目に起こるIT業界激震予想(前編:スマホの世界の構造問題に荒療治が行われる可能性)

  5. プログラミングは手段の1つに過ぎない(目的は自分のアイデアを形にすること)

みんプロ作成アプリ




みんプロ代表の黒歴史


TOP