[Flutter]The argument type Object can’t be assigned to the parameter type ImageProviderの対処法

Flutterのバージョン2.2から「Null-safety」が強制適用となりましたが、

その際に、Flutter2.2未満のときは普通に動いていたこんなコードに

@override
  Widget build(BuildContext context) {
    return CircleAvatar(
      radius: radius,
      backgroundImage: isImageFromFile
          ? FileImage(File(photoUrl))
          : CachedNetworkImageProvider(photoUrl),
    );
}

突如

The argument type Object can’t be assigned to the parameter type ImageProvider

という謎の文法エラーが発生してしまいますので、

以下の要領で「CachedNetworkImageProvider(・・・)」のコンストラクタの後ろに「as」を付けて「ImageProvider」に強制型変換してやると解消します。

(詳しくは、以下の動画で解説していますので、よろしければご覧下さい)

こんな記事も読まれています

おすすめコンテンツ




Flutter(フラッター)


みんプロ作成アプリ




TOP