[Flutter]Firebaseのパッケージを入れたらiOSのビルドが異常に遅くなる場合の対処法(Firestore iOS SDKの設定)

Firebase(特に「Cloud_firestore」)のFlutter用のパッケージを入れて、iOS(実機・シミュレーター)でビルドすると、ビルドが異常に遅くなってしまう(時間がかかってしまう)事象が発生する可能性があります。

(ぼくの場合はなんと11分以上もかかってしまいました(T_T))

さすがにこれは公式にクレームが上がるレベルになっていたようですが、

これに関しては、「Firestore iOS SDK」というプレコンパイルツールを入れることで、ビルド時間を劇的に短縮できる方法があるようです。

そのやり方は、

1)ios/PodFileに、このツールの依存関係を追加(とりあえず最新バージョンで)

target 'Runner' do
  use_frameworks!
  use_modular_headers!
  #ここに追記(バージョン(tag)はとりあえず最新で)
  pod 'FirebaseFirestore', :git => 'https://github.com/invertase/firestore-ios-sdk-frameworks.git', :tag => '8.3.0'

  flutter_install_all_ios_pods File.dirname(File.realpath(__FILE__))
end

2)Terminalで「flutter clean」(その後pubspec.yamlファイルから「pub get」も必要)

3)iOSの実機あるいは、シミュレーターでビルドすると、以下のエラーが発せられた場合は、1で設定したプレコンパイル版の「Firestore iOS SDK」のバージョンを、プロジェクトで使っている「Firebase iOS SDK」のバージョンに合わせてやる必要があります(この場合は1で設定するバージョンを「8.4.0」⇒「8.3.0」に)。

(詳しくは、以下の動画で解説していますので、よろしければご覧下さい)

こんな記事も読まれています

おすすめコンテンツ




Flutter(フラッター)


みんプロ作成アプリ




TOP