[Flutter]Androidエミュレーターが突然インターネット接続できなくなった場合の対処法

FlutterのプロジェクトをAndroidアプリとしてAndroidのエミュレーターで動かすことができますが、その際にPCからは普通にインターネット接続できるのに、なぜかエミュレーターからはネットが見れないという現象が発生する可能性があります。

もともとAndroidのエミュレーターは、「AndroidWifi」というアクセスポイント経由で自動的にインターネット接続されるようになっているので、これはおかしな現象なのですが、以下の要領で解消できます。

API レベル 25 以上の AVD を使用する場合、エミュレータで Wi-Fi アクセス ポイント(「AndroidWifi」)をシミュレートでき、Android はこれに自動的に接続されます。

https://developer.android.com/studio/run/emulator.html#wifi

(参考サイト)

1)以下の要領で、エミュレーターの設定ダイアログから「Use Android Studio HTTP proxy settings」にチェックをいれる

 

2)エミュレーターの設定画面から、以下の要領で「AndroidWifi」の詳細設定を開く(画面の見え方は端末によって異なります)

 

3)以下の要領で、「AndroidWifi」の設定画面の「IPアドレス」と「ゲートウェイ」を変更

 

4)「DNS1」が「8.8.8.8」、「DNS2」が「8.8.4.4」であることを確認して、エミュレーターを一旦閉じてから、以下の要領でAndroid StudioのADV Managerから「Cold Boot」でエミュレーターを再立ち上げると

無事エミュレーターからのインターネット接続ができるようになります。

(詳しくは、以下の動画で解説していますので、よろしければご覧下さい)

こんな記事も読まれています

おすすめコンテンツ




Flutter(フラッター)


みんプロ作成アプリ




TOP