[Flutter]アプリ内課金実装上の注意点(Google Playは税抜き・App Storeは税込み)

FlutterはiOS・Androidアプリが”いっぺんに”作れるマルチプラットフォームアプリ開発ツールですが、アプリ内で販売する課金アイテムの値付けについては、各アプリストア(Androidの場合はGoogle Play、iOSの場合はApp Store)で行う必要があります。

その際に、Google PlayとApp Storeで値付けの方法が異なりますので、同じ課金アイテムを両方のプラットフォームで価格を揃えて販売したい場合は注意が必要です。

  Google Play(Android) App Store(iOS)
消費税 税抜き 税込み
価格テーブル なし(自由に値付け可能) あり(設定できる価格が決まっている)

ですので、App Storeは価格帯が設定されているため、

1)まず、App Storeの価格テーブルでiOS用の値段を設定(税込み)

2)1で決めた値段にあわせて、Google PlayでAndroid用の税抜価格の値段を設定

の順番で行った方が無難と思われます。

<Google Play(Android)での価格設定画面>

 

<App Store(iOS)での価格設定画面>

(詳しくは、以下の動画で解説していますので、よろしければ御覧ください)

 

こんな記事も読まれています

おすすめコンテンツ




Flutter(フラッター)


みんプロ作成アプリ




TOP