[Flutter]「Minimum supported Gradle version is x.x. Current version is x.x」というエラーの対処法

Flutterのプロジェクトを以下の要領でAndroidアプリとして開いて

build.gradleファイル(Flutterでいうpubspec.yamlファイル的なもの)に何か変更を加えると、「同期せえ!(Sync Now)」と言われるので、そのとおりにすると、

「Minimum supported Gradle version is x.x. Current version is x.x」という謎のエラー出ることがあるので、「Open Gradle wrapper properties」をクリックすると、

「gradle-wrapper.properties」ファイルが開くので、6行目の「distributionUrl」欄にあるgradleのバージョン値をエラーメッセージ通りに変更してやって(以下の例では「6.5」)、

再度同期してやると(Sync Nowすると)解消します。

(詳しくは、以下の動画で解説していますので、よろしければご覧下さい)

こんな記事も読まれています

おすすめコンテンツ




Flutter(フラッター)


みんプロ作成アプリ




TOP