[Flutter]「Minimum supported Gradle version is x.x. Current version is x.x」というエラーの対処法

Flutterのプロジェクトを以下の要領でAndroidアプリとして開いて

blank

build.gradleファイル(Flutterでいうpubspec.yamlファイル的なもの)に何か変更を加えると、「同期せえ!(Sync Now)」と言われるので、そのとおりにすると、

blank

「Minimum supported Gradle version is x.x. Current version is x.x」という謎のエラー出ることがあるので、「Open Gradle wrapper properties」をクリックすると、

blank

「gradle-wrapper.properties」ファイルが開くので、6行目の「distributionUrl」欄にあるgradleのバージョン値をエラーメッセージ通りに変更してやって(以下の例では「6.5」)、

blank

再度同期してやると(Sync Nowすると)解消します。

blank

(詳しくは、以下の動画で解説していますので、よろしければご覧下さい)

blank

こんな記事も読まれています

今すぐプレゼントを受け取る(約6時間のFlutter初級編体験版動画講座を無料でプレゼント)
blank

はじめての方へ

blank
みんプロ式プログラミング講座体系・ラインナップ
みんプロ式プログラミング講座受講の流れ(割引特典利用方法)
サイトマップ(みんプロHPコンテンツ一覧)
運営会社概要

おすすめコンテンツ

プログラミングを学ぶとどんないいことがあるのか
みんプロ式を選んでいただける6つの理由
ぼくの人生挫折ヒストリー(代表者プロフィール)
ぼくのプログラミング挫折ヒストリー(無料メール講座・6大特典付き)
今最も注目のアプリ開発ツール「Flutter(フラッター)」ミニ動画講座

みんプロ式動画講座(コア・Flutter)

ゼロからのFlutter(初級編)-はじめてのプログラミングからアプリリリースまで-
Flutter中級編1-Web通信・設計・状態管理・DIの基礎-
Flutter中級編2-Firebase/地図・カメラ連携等の基礎-
Flutter中級編3-広告/アプリ内課金等の基礎-
Flutter中級編4-Webアプリとレスポンシブデザインの基礎-

みんプロ式動画講座(サテライト)

Flutter/Dartトラブルシューティング・小ネタ集(コア初級編受講で無料プレゼント)
ゼロからのGit・GitHub(コマンドラインツールを極力使わないバージョン管理入門)
Flutter/Dartにおける設計・状態管理・DIの解説集
Dart逆引き大辞典
Flutterにおけるテストの基礎
blank
blank

みんプロ作成アプリ

blank
blank
blank
blank

TOP