[Flutter/Android Studio]「android-gradle」フレームワークを誤って追加したら「Project Structure」画面がおかしくなってしまった場合の対処法

Flutterではめったに開くことのないAndroid Studioの「Project Structure」画面ですが、通常はこのようになっています。

ところが、この「Project Structure」画面の「Module」欄で「android-module」という名のフレームワーク(Framework)を誤って追加してしまうと、

なんと「Project Structure」画面の見た目が、こんな風に変わってしまいます。

こうなってもアプリを動かすことには支障は無いのですが、気持ち悪いので元に戻したいという場合は、

1)「プロジェクト名.iml」ファイルから、以下の要領で「FacetManager」タグ内の「android-gradle」の箇所を削除

2)以下の要領でキャッシュクリアしてからAndroid Studioを再起動すると

 

3)元に戻ります。

(Android Studio(IntelliJ Idea)におけるモジュールとプロジェクトの関係はこんな感じになっていて、imlファイルとはモジュールの設定ファイルのようです)

モジュール設定

これらの設定は 1 つのモジュールにのみ適用され、.iml ファイルに保存されます。モジュールには、プロジェクト用に構成されたものとは異なる SDK と言語レベル、および独自のライブラリを含めることができます。また、特定のテクノロジーやフレームワークを運ぶこともできます。

プロジェクト設定

これらの設定は、現在のプロジェクトにのみ適用されます。これらは、.xml 形式で .idea ディレクトリに他のプロジェクトファイルと一緒に保存されます。例: プロジェクトは、VCS 設定、SDK、コードスタイルおよびスペルチェッカー設定、コンパイラー出力、プロジェクト内のすべてのモジュールで使用可能なライブラリを保持します。

(詳しくは、以下の動画で解説していますので、よろしければご覧下さい)

こんな記事も読まれています

おすすめコンテンツ




Flutter(フラッター)


みんプロ作成アプリ




TOP