[Android]「RealmException ◯◯ Is Not Part Of The Schema For This Realm」というエラーによってアプリが落ちてしまう場合の対処法

モバイル用高速データベース「Realm」を使うアプリで、正しくコーディングできているにもかかわらず、

「RealmException ◯◯ Is Not Part Of The Schema For This Realm」(◯◯はモデルクラス)

という謎のエラーによって、アプリが落ちてしまう場合の対処法です。

結論から言うと、

appレベルのbuild.gradleの冒頭部分のプラグインを並べる順番の問題らしく、realmは一番下にしないといけない

ようです。ですので、

 

1)’apply plugin: ‘realm-android’ を一番下にして「Sync now」

こうではなく

apply plugin: 'com.android.application'
apply plugin: 'realm-android' ⇒ これを一番下に持っていかないといけないらしい
apply plugin: 'kotlin-android'
apply plugin: 'kotlin-android-extensions'

こうする

apply plugin: 'com.android.application'
apply plugin: 'kotlin-android'
apply plugin: 'kotlin-android-extensions'
apply plugin: 'realm-android' ⇒ こんな感じ

 

2)kotlin-kaptプラグインを追加する(appレベルのbuild.gradle)

そのとき、アプリを動かすと、

Cause: app: Original kapt is deprecated. Please add "apply plugin: 'kotlin-kapt'" to your build.gradle. 

こんなことを言われるので(Buildタブで見ることができます)、

メッセージ通りにapply plugin: 'kotlin-kapt  をこんな感じで追加(’realm-android’の直上に)

apply plugin: 'com.android.application'
apply plugin: 'kotlin-android'
apply plugin: 'kotlin-android-extensions'
apply plugin: 'kotlin-kapt' ⇒ これ
apply plugin: 'realm-android'

 

3)再度「Sync now」する

 

4)端末に入っているこの単語帳アプリをアンインストール

アンインストールを忘れると、こんな感じのエラーがでて止まってしまうと思います。

io.realm.exceptions.RealmMigrationNeededException: 

 

5)もう一度アプリを回すと、エラーが解消できる

 

ということで、appレベルの「build.gradle」の「apply-plugin」を並べる順番が悪かったという、「なんじゃそれ!?」的な話です。

理由がどうでもいいという方は、やり方だけを知っておけば十分かと思います。

理由が知りたい方は、下の動画で解説していますので、ご興味あればご覧ください。

こんな記事も読まれています

おすすめコンテンツ




Flutter(フラッター)


みんプロ作成アプリ




TOP