[Android]注意!!Android Studio3.0より古いバージョンで作ったプロジェクトは2018年末までに”compile”は”implementation”に変えないと危険かもしれない(build.gradle)

Android Studioの3.0より古いバージョンで作ったプロジェクトを開くと、ビルド(Build)ウィンドウの右側にこんなメッセージがでます。

blank

 

Configuration 'compile' is obsolete and has been replaced with 'implementation' and 'api'.
It will be removed at the end of 2018. For more information see: https://d.android.com/r/tools/update-dependency-configurations.html

(’compile’設定は時代遅れ(obsolete)なので、’implementation’に置き換えられます。それ(compile)は2018年末には削除されます)

これは放って置くと危険です。色んなところで不具合が生じる可能性があるので年末の大掃除とともに対応が必要です。

なので、Android Studio3.0より古いバージョンで作ったプロジェクトについては、ライブラリの依存関係が設定されている「build.gradle」ファイル(主にアプリレベル(モジュールレベル))で、

「compile」を

blank

「implementation」に変えてやって下さい。

blank

 

理由はこちら

blank

Android Studio3.0移行で作ったプロジェクトは、最初から「implementation」になっているので気にする必要ありません。

(詳細は下の動画で解説していますので、よろしければご覧ください。)

blank

こんな記事も読まれています

今すぐプレゼントを受け取る(約6時間のFlutter初級編体験版動画講座を無料でプレゼント)
blank

はじめての方へ

blank
みんプロ式プログラミング講座体系・ラインナップ
みんプロ式プログラミング講座受講の流れ(割引特典利用方法)
サイトマップ(みんプロHPコンテンツ一覧)
運営会社概要

おすすめコンテンツ

プログラミングを学ぶとどんないいことがあるのか
みんプロ式を選んでいただける6つの理由
ぼくの人生挫折ヒストリー(代表者プロフィール)
ぼくのプログラミング挫折ヒストリー(無料メール講座・6大特典付き)
今最も注目のアプリ開発ツール「Flutter(フラッター)」ミニ動画講座

みんプロ式動画講座(コア・Flutter)

ゼロからのFlutter(初級編)-はじめてのプログラミングからアプリリリースまで-
Flutter中級編1-Web通信・設計・状態管理・DIの基礎-
Flutter中級編2-Firebase/地図・カメラ連携等の基礎-
Flutter中級編3-広告/アプリ内課金等の基礎-
Flutter中級編4-Webアプリとレスポンシブデザインの基礎-

みんプロ式動画講座(サテライト)

Flutter/Dartトラブルシューティング・小ネタ集(コア初級編受講で無料プレゼント)
ゼロからのGit・GitHub(コマンドラインツールを極力使わないバージョン管理入門)
Flutter/Dartにおける設計・状態管理・DIの解説集
Dart逆引き大辞典
Flutterにおけるテストの基礎
blank
blank

みんプロ作成アプリ

blank
blank
blank
blank

TOP