[Flutter/iOS]App Storeの手数料30%→15%に引き下げへの対応方法(App Store Small Business Programへの申請方法)

iOSアプリは「App Store」というアプリストアを通じて配信されますが、その場合に発生したアプリ内収益(売上及びアプリ内課金)は30%を手数料としてAppleに支払う必要があります。

これが、2021年1月より、年間収益が100万米ドル(約1億円)に達するまでの部分については、30%から15%に引き下げる「App Store Small Business Program」が開始されました。

(Androidアプリ(Google Play))における同様の措置への対応方法はこちらから)

この引き下げの適用を受けるためには、

1)Apple Developerの有料アカウントに登録

2)「App Store Small Business Program」ページの下の方にある「今すぐ登録」ボタンを押下してApple Developerのサイトにログイン

blank

 

3)「App Store Small Business Programへの登録」ページが表示されるので、「有料App契約」に同意

blank

 

4)「関連するデベロッパアカウント」欄が表示されるので登録(基本的には全て「いいえ」になる)

blank

5)宣誓欄にチェックを入れて「送信」ボタン押下し申請完了(結果はメールで連携されます)

blank

(詳しくは、以下の動画で解説していますので、よろしければご覧下さい)

blank

こんな記事も読まれています

今すぐプレゼントを受け取る(約6時間のFlutter初級編体験版動画講座を無料でプレゼント)
blank

はじめての方へ

blank
みんプロ式プログラミング講座体系・ラインナップ
みんプロ式プログラミング講座受講の流れ(割引特典利用方法)
サイトマップ(みんプロHPコンテンツ一覧)
運営会社概要

おすすめコンテンツ

プログラミングを学ぶとどんないいことがあるのか
みんプロ式を選んでいただける6つの理由
ぼくの人生挫折ヒストリー(代表者プロフィール)
ぼくのプログラミング挫折ヒストリー(無料メール講座・6大特典付き)
今最も注目のアプリ開発ツール「Flutter(フラッター)」ミニ動画講座

みんプロ作成アプリ

blank
blank
blank
blank
blank

みんプロ式動画講座(コア・Flutter)

ゼロからのFlutter(初級編)-はじめてのプログラミングからアプリリリースまで-
Flutter中級編1-Web通信・設計・状態管理・DIの基礎-
Flutter中級編2-Firebase/地図・カメラ連携等の基礎-
Flutter中級編3-広告/アプリ内課金等の基礎-
Flutter中級編4-Webアプリとレスポンシブデザインの基礎-

みんプロ式動画講座(サテライト)

Flutter/Dartトラブルシューティング・小ネタ集(コア初級編受講で無料プレゼント)
ゼロからのGit・GitHub(コマンドラインツールを極力使わないバージョン管理入門)
Flutter/Dartにおける設計・状態管理・DIの解説集
Dart逆引き大辞典
Flutterにおけるテストの基礎
blank
blank

TOP