世界中でどのくらいの人がスマホを持っているのか (情報通信白書より)

おはようございます。

今日は2019年の1月の24日ですね。21世紀に入って20年弱ほど経つわけですけれども。

この20年内に起こった非常に大きな変化は変化っていうのは色々あったんですけども、その中で特筆すべき事というといいですね、スマートフォン(スマホ)というものが、我々の生活に非常に大きく浸透してきたということが挙げられるんじゃないかなと思うわけでして。

20世紀の終わりの方なんだスマホなんか存在しなかったんですけども、今や猫も杓子もスマホですと。

むしろガラケー持ってる人の方がガラパゴスみたいな感じになってるわけですけれども。

そんな中我々もですね、スマホアプリを作るプログラミング講座なんてものをやらせて頂いてるわけで。

じゃあ実際そのスマホの市場規模ってどんぐらいあるんやというのですね、ちょっと見てみたいなと思いますね。

 

スマホは1年間で15億台も売れてる!

2017年版の情報通信白書なんですけれども、ここでねスマートフォン経済の現在と未来みたいな話が出てますね。これなんですよ。

世界のスマートフォン及びフィーチャーフォンの出荷台数、これ2005年もっと前があれば良かったんですけれども、2005年の時点がこれでその後急速に。

ターニングポイントになったと言われてるのは20007年ですね、 iPhone 7ができた時にガッとスマホのですね勢いが伸びてきたということで。

出荷台数ですからまあ端的に言うとその年に売れた台数ということで、この辺は予測になってますけど大体こんな感じでしょう。

2018年で15億台ぐらいですか、スマホが売れてると。1年間でですよ。

(2017情報通信白書より)

 

何と世界の半分以上の人がスマホ持ってる!

じゃあ実際どんだけ持ってんねんというとこれなんですね。

これが世界のスマートフォン OS インストールベース台数ということで、2016年の時点でも39.6億台ですから世界の人口がね今70億人ぐらいですと言われてる中で、世界の人口の半分以上はスマホ持ってるということですね。

(2017情報通信白書より)

 

で、面白いのがシェアですね。見てください。

日本だとだいたい iPhone の人の方が多いですけど、世界的にも圧倒的にAndroidですよ。

Androidが世界の7割。端末が安いから新興国に浸透してるってこともあるんでしょうけれども、これなかなか面白いですよね。

 

もうスマホなしには生きていけない時代?

ですからこのくらいの市場規模があるとスマホには、ということでございまして。

たったの20年ですね、もうこんな感じになったということで、スマホの勢いというのは、今後もね、もうスマホなしには生きていけないと。

もうパソコン使わへんとスマホを使ってる人の方が多いですよね。

ていうことになってきてるというので、改めて驚きの数字だなということでございます。ありがとうございました。

 

 

アバター

北川 博之(きーぼー)

みんなのプログラミング by Telulu LLC代表 大阪府生まれ。京都大学経済学部経済学科卒業。 2000年より、日本生命保険、ニッセイアセットマネジメント、パトナム・インベストメンツ(米国)で、日本株トレーダー・アナリスト、経営企画、システム開発等の業務に従事。主に日本株の売買執行・投資分析、経営計画の策定、海外投資家向け日本株営業、社内トレーディングシステム及び経理システムの開発等を行う。 2016年、合同会社てるる設立。スマホアプリプログラマーとして「新感覚脳トレアプリ・記憶戦隊オボエルンジャー」「Meisoー1番シンプルなマインドフルネス瞑想アプリ」をはじめとした、メンタルヘルス・知育系アプリを中心に4タイトル・計8本(Android・iOS)をリリース。 2017年、自身のこれまでの社会人経験・プログラミング経験・子育て経験を基に、プログラミングを通じて人々の人生を豊かにして、未来に希望の持てる明るい社会の実現に貢献したいとの想いから、プログラミング完全初心者と挫折経験のある人を支援する「プログラミング挫折撲滅プロジェクト・みんなのプログラミング by Telulu LLC」を設立し、プログラミングサポーター活動と心理カウンセリング活動を開始。これまでに3,000名を超える方のプログラミング挫折撲滅をサポート。

こんな記事も読まれています

みんプロにかける想い

  1. プログラミングはみんなのもの!(プログラミングの醍醐味である「楽しさ」を伝えたい)

  2. トランプ政権2期目に起こるIT業界激震予想(前編:スマホの世界の構造問題に荒療治が行われる可能性)

  3. ぼくが別に言う必要のない挫折の黒歴史をあえてさらけ出している理由(自分の中にある「ブロック」を外すきっかけにしてほしい)

  4. プログラミングは手段の1つに過ぎない(目的は自分のアイデアを形にすること)

  5. トランプ政権2期目に起こるIT業界激震予想(後編:ブロックチェーンによるインターネットの再民主化が行われる可能性)

みんプロ作成アプリ




みんプロ代表の黒歴史


TOP