Flutter2.0以降は「flutter clean」した直後に「pub get」もする必要あり

プロジェクトを一旦きれいにするコマンドである「flutter clean」ですが、

Flutterのバージョン2.0以降で、ニョロニョロのない(エラーのない)プロジェクトで行うと、なんとニョロニョロ出まくり!という感じになってしまうという、ちょっとしたトラップ的な事象が発生する可能性が高いです。

ですので、その場合は、

1)「`Pub get’ has not been run」の表示が出る場合は、その指示に従って「Get dependencies」して頂いて、

2)出ない場合は、pubspec.yamlファイルから「pub get」してもらうと解消します。

(詳しくは、以下の動画で解説していますので、よろしければご覧下さい)

こんな記事も読まれています

おすすめコンテンツ




Flutter(フラッター)


みんプロ作成アプリ




TOP