ぼくが勝手に敬愛する天才プログラマー・マリオ先生の教え

ぼくが勝手に敬愛しているJavaでAndroidアプリもiphoneアプリも両方作れるライブラリである「libGDX」の製作者であるプログラミングの天才・マリオ先生(Mario Zecher氏)のあっと驚く教えをご紹介します。

この教えは、私たちの提供するプログラミング講座「みんプロ式」でも取り入れさせて頂いています。

 

この動画でお伝えしたいこと

  • ペンはコードよりも偉大や
  • いきなりコードを書くのではなく、まず自分の作りたいアプリの設計図を紙とペンを持って書こう
  • コードが書けるだけでは、アプリが作れるようになるわけではない

こんな記事も読まれています

みんプロにかける想い

  1. ぼくが別に言う必要のない挫折の黒歴史をあえてさらけ出している理由(自分の中にある「ブロック」を外すきっかけにしてほしい)

  2. プログラミングを通じて「やわらかい世の中」を作りたい(ぼくがプログラミング講座をやっている本当の理由②)

  3. こんな無駄な苦労をするのはぼくで最後にしたい(ぼくがプログラミング講座をはじめたわけ)

  4. プログラミングはみんなのもの!(プログラミングの醍醐味である「楽しさ」を伝えたい)

  5. プログラミングは手段の1つに過ぎない(目的は自分のアイデアを形にすること)

みんプロ作成アプリ




みんプロ代表の黒歴史


TOP