[Android]build.gradleファイルでライブラリのバージョンを一元管理する方法(拡張プロパティの使い方)

Android Studioでは、外部のライブラリを使うために依存関係の設定をアプリケーションレベルの「build.gradle」ファイルでこんな感じで行いますが、

 

依存関係が複数にわたるけれども、バージョンをあわせておかないといけないサポートライブラリのようなものを使う場合、バージョンを変更する際にはすべて手打ちしないといけません。

 

これはちょっと面倒なので、何とかする方法はないのか、という話です。

 

プロジェクトレベルの「build.gradle」で拡張プロパティを使ってバージョンを一元管理

これは、依存関係を設定するアプリケーションレベルのbuild.gradleファイルではなく、プロジェクトレベルのbuild.gradleファイルで、拡張プロパティを使うと、ライブラリのバージョンを一元管理することが出来ます。

13.4.2. 拡張プロパティ

Gradleのドメインモデルを構成する全ての拡張オブジェクトには、ユーザー定義のプロパティ、拡張プロパティを新たに追加することができます。 拡張プロパティを追加できるオブジェクトには、projects、tasks、source setsを始め、様々なオブジェクトがあります。 拡張プロパティをセットしたり読み込んだりするには、対象オブジェクトのextプロパティを使用して下さい。また、extブロックを使って複数のプロパティを一気に追加することもできます。

 

1.プロジェクトレベルのbuild.gradleで拡張プロパティを使ってライブラリのバージョンを設定

 

2.アプリケーションレベルのbuild.gradleでバージョン数字部分を拡張プロパティに変更

 

この際に、全体をシングルクオテーション(’)からダブルクオテーション(”)に変更する必要がある点に注意が必要です(忘れてもAndroid Studioくんが教えてくれますので心配は要りませんが)

 

アバター

北川 博之(きーぼー)

みんなのプログラミング by Telulu LLC代表 大阪府生まれ。京都大学経済学部経済学科卒業。 2000年より、日本生命保険、ニッセイアセットマネジメント、パトナム・インベストメンツ(米国)で、日本株トレーダー・アナリスト、経営企画、システム開発等の業務に従事。主に日本株の売買執行・投資分析、経営計画の策定、海外投資家向け日本株営業、社内トレーディングシステム及び経理システムの開発等を行う。 2016年、合同会社てるる設立。スマホアプリプログラマーとして「新感覚脳トレアプリ・記憶戦隊オボエルンジャー」「Meisoー1番シンプルなマインドフルネス瞑想アプリ」をはじめとした、メンタルヘルス・知育系アプリを中心に4タイトル・計8本(Android・iOS)をリリース。 2017年、自身のこれまでの社会人経験・プログラミング経験・子育て経験を基に、プログラミングを通じて人々の人生を豊かにして、未来に希望の持てる明るい社会の実現に貢献したいとの想いから、プログラミング完全初心者と挫折経験のある人を支援する「プログラミング挫折撲滅プロジェクト・みんなのプログラミング by Telulu LLC」を設立し、プログラミングサポーター活動と心理カウンセリング活動を開始。これまでに3,000名を超える方のプログラミング挫折撲滅をサポート。

こんな記事も読まれています

みんプロにかける想い

  1. トランプ政権2期目に起こるIT業界激震予想(後編:ブロックチェーンによるインターネットの再民主化が行われる可能性)

  2. こんな無駄な苦労をするのはぼくで最後にしたい(ぼくがプログラミング講座をはじめたわけ)

  3. プログラミングを通じて「やわらかい世の中」を作りたい(ぼくがプログラミング講座をやっている本当の理由②)

  4. トランプ政権2期目に起こるIT業界激震予想(前編:スマホの世界の構造問題に荒療治が行われる可能性)

  5. プログラミングは手段の1つに過ぎない(目的は自分のアイデアを形にすること)

みんプロ作成アプリ




みんプロ代表の黒歴史


TOP