何でもかんでも「ムダ」を排除すればいいわけではない

人間には面倒なことは色々ありますが、何が一番面倒くさいかと言えば「人間関係」かと思われます。

職場の人間関係もさることながら、男女の恋愛関係に至るまで、人の悩みのおそらく全ては「人間関係」に起因していると考えていいと思います。

特に男女の恋愛関係なんかは、数々の指南本が世を賑わせていることからわかるように、有史以来ほとんど進歩がないのではないでしょうか。

どうやったら人と仲良くなれるのか、どうやったら知らない人と打ち解け合えるのか。これはぼくも正直よくわからないので教えてもらいたいくらいですが、その一つの方法として「雑談」というのが言われたりします。

受験バカだったからかもしれませんが、ぼくはこの雑談が苦手でして、無駄な話をすることが得意ではありません(そう言いながら、このブログはほとんど無駄話なので、かなり自分勝手な言い分なのですが)。

加えて、昔は雑談のような無駄話をやっても意味がないと思っていました。しかし、よくよく考えてみると、雑談というのは、雑談自体に中身はないのですが、それによって円滑な人間関係が生まれるという効用があります。

つまり、人間関係の潤滑油として雑談の意義があるわけで、それによって、知らない人と仲良くなったり、仲良くなることによって仕事がうまくいったりする。

逆に、雑談のない職場は意外に仕事ができなかったりするわけで、それは、自分のサラリーマン生活でもよく見られました。

そう考えると、無駄なものを何でもかんでも削ぎ落とすことがいいわけではないということが言えそうです。

つまり、ある程度「無駄なものを許容する」ことで丁度いいのかもしれないということですね。

無駄なものばかりだと困るけど、無駄なものが何一つないとそれはそれで困る。こういうところが、単純ではない世の中の面白いところだったりするわけで。

この「無駄なものがどのくらいあったらいいか」というバランスは、人によっておそらく違うので、それを自分の人生の体験の中でつかんでいくということなのでしょう。

そういう意味では、プログラミングにおいても、何かアプリを作る際に、ガチガチ真面目にやるよりも、「遊び心」を加えた方が、面白いものが作れたりするわけです。

そして、その「遊び心」というのは無駄なものから生まれますから、そういう意味では、一見プログラミングとは何の関係もない話のようでいて、実はプログラミングにも通じる話なのかもしれません。

アバター

北川 博之(きーぼー)

みんなのプログラミング by Telulu LLC代表 大阪府生まれ。京都大学経済学部経済学科卒業。 2000年より、日本生命保険、ニッセイアセットマネジメント、パトナム・インベストメンツ(米国)で、日本株トレーダー・アナリスト、経営企画、システム開発等の業務に従事。主に日本株の売買執行・投資分析、経営計画の策定、海外投資家向け日本株営業、社内トレーディングシステム及び経理システムの開発等を行う。 2016年、合同会社てるる設立。スマホアプリプログラマーとして「新感覚脳トレアプリ・記憶戦隊オボエルンジャー」「Meisoー1番シンプルなマインドフルネス瞑想アプリ」をはじめとした、メンタルヘルス・知育系アプリを中心に4タイトル・計8本(Android・iOS)をリリース。 2017年、自身のこれまでの社会人経験・プログラミング経験・子育て経験を基に、プログラミングを通じて人々の人生を豊かにして、未来に希望の持てる明るい社会の実現に貢献したいとの想いから、プログラミング完全初心者と挫折経験のある人を支援する「プログラミング挫折撲滅プロジェクト・みんなのプログラミング by Telulu LLC」を設立し、プログラミングサポーター活動と心理カウンセリング活動を開始。これまでに3,000名を超える方のプログラミング挫折撲滅をサポート。

こんな記事も読まれています

みんプロにかける想い

  1. こんな無駄な苦労をするのはぼくで最後にしたい(ぼくがプログラミング講座をはじめたわけ)

  2. トランプ政権2期目に起こるIT業界激震予想(後編:インターネット規制強化の可能性)

  3. ぼくが別に言う必要のない挫折の黒歴史をあえてさらけ出している理由(自分の中にある「ブロック」を外すきっかけにしてほしい)

  4. プログラミングは手段の1つに過ぎない(目的は自分のアイデアを形にすること)

  5. トランプ政権2期目に起こるIT業界激震予想(前編:スマホの世界の構造問題に荒療治が行われる可能性)

みんプロ作成アプリ




みんプロ代表の黒歴史


TOP