[Flutter]main関数内で非同期処理をする際の注意点(Unhandled Exception: ServicesBinding.defaultBinaryMessenger was accessed before the binding was initialized.の対処法)

こんな感じで、main関数内で非同期処理をしてアプリを回すと、、

 

こんなエラーが出てアプリが落ちてしまいます、、

Unhandled Exception: ServicesBinding.defaultBinaryMessenger was accessed before the binding was initialized.
If you're running an application and need to access the binary messenger before `runApp()` has been called
 (for example, during plugin initialization), then you need to explicitly call the `WidgetsFlutterBinding.ensureInitialized()` first.

 

そんなときは、エラーメッセージにあるように、非同期処理の前で

WidgetsFlutterBinding.ensureInitialized();

を入れてやると解決します。

 

(公式リファレンスはこちら)

Returns an instance of the WidgetsBinding, creating and initializing it if necessary. If one is created, it will be a WidgetsFlutterBinding. If one was previously initialized, then it will at least implement WidgetsBinding.

You only need to call this method if you need the binding to be initialized before calling runApp.

(詳しくは、下の動画で解説していますので、よろしければご覧下さい)

こんな記事も読まれています

みんプロにかける想い

  1. こんな無駄な苦労をするのはぼくで最後にしたい(ぼくがプログラミング講座をはじめたわけ)

  2. プログラミングはみんなのもの!(プログラミングの醍醐味である「楽しさ」を伝えたい)

  3. プログラミングは手段の1つに過ぎない(目的は自分のアイデアを形にすること)

  4. プログラミングを通じて「やわらかい世の中」を作りたい(ぼくがプログラミング講座をやっている本当の理由②)

  5. ぼくが別に言う必要のない挫折の黒歴史をあえてさらけ出している理由(自分の中にある「ブロック」を外すきっかけにしてほしい)

みんプロ作成アプリ




みんプロ代表の黒歴史


TOP