[Android]resフォルダとは(アプリで使う小道具の格納場所)

Androidアプリを作る道具であるAndroid Studioには、

  • プログラミングのコードを入れるjavaフォルダ
  • 画面のレイアウトや画像・音などの小道具を入れるresフォルダと
  • アプリの色んな設定を書くためのmanifestsフォルダ

の3つフォルダがありますが、そのうち「画面のレイアウトや画像・音などの小道具を入れるresフォルダ」について説明しています。

「res」とは「resource(リソース)」の略で「レスフォルダ」と読みます。

 

このミニ動画講座で学べること

  • resフォルダとは何か
  • resフォルダの階層構造
  • 画像を格納するためのdrawableフォルダ
  • アイコンを格納するためのmipmapフォルダ
  • 文字列リソースを格納するためのstrings.xml
  • アプリの表示名の変更の仕方
  • resフォルダに格納するファイルの名前の付け方の決まり

(詳しくは下の動画で解説していますので、よろしければご覧ください)

こんな記事も読まれています

みんプロにかける想い

  1. こんな無駄な苦労をするのはぼくで最後にしたい(ぼくがプログラミング講座をはじめたわけ)

  2. プログラミングを通じて「やわらかい世の中」を作りたい(ぼくがプログラミング講座をやっている本当の理由②)

  3. プログラミングはみんなのもの!(プログラミングの醍醐味である「楽しさ」を伝えたい)

  4. ぼくが別に言う必要のない挫折の黒歴史をあえてさらけ出している理由(自分の中にある「ブロック」を外すきっかけにしてほしい)

  5. プログラミングは手段の1つに過ぎない(目的は自分のアイデアを形にすること)

みんプロ作成アプリ




みんプロ代表の黒歴史


TOP