[Android]Kotlinの4つのアクセス修飾子(可視性修飾子:private / protected / internal / public)

クラス内に設定したプロパティやメソッドが、どこからアクセス出来るのか(見ることができるのか)ということを示すアクセス修飾子。

Kotlinでは公式には可視性修飾子(Visibility Modifiers)と言うらしいですが。

慣れない間は

  • public(どのクラスからでも見れる:デフォルト)と
  • private(自分のクラスの中からしか見れない(正確にはそのクラスを含むKotlinファイル内)

だけ知っておけばええんちゃうの?とは思いますが、一応他にも

  • protected(自分と自分を継承したクラスから見れる=privateに毛が生えた版)と
  • internal(同じモジュール(≒アプリ)からならどこからでも見れる=protectedとpublicの間)

の2つがあるので、その解説をしています。

(詳しくは下の動画で解説していますので、よろしければご覧ください)

こんな記事も読まれています

みんプロにかける想い

  1. こんな無駄な苦労をするのはぼくで最後にしたい(ぼくがプログラミング講座をはじめたわけ)

  2. プログラミングを通じて「やわらかい世の中」を作りたい(ぼくがプログラミング講座をやっている本当の理由②)

  3. プログラミングは手段の1つに過ぎない(目的は自分のアイデアを形にすること)

  4. ぼくが別に言う必要のない挫折の黒歴史をあえてさらけ出している理由(自分の中にある「ブロック」を外すきっかけにしてほしい)

  5. プログラミングはみんなのもの!(プログラミングの醍醐味である「楽しさ」を伝えたい)

みんプロ作成アプリ




みんプロ代表の黒歴史


TOP