[Flutter]「image_picker」0.8.2以降はgetImageメソッドが非推奨となり、pickImageメソッドに変更となりました

端末内のギャラリーアプリあるいはカメラで撮影した画像を取得できる便利なパッケージである「image_picker」ですが、バージョン0.8.2以降は、従来のImagePicker.getImageメソッドが非推奨となり、pickImageメソッド変更となりました。

公式リファレンスによると、この理由は

getImageメソッドは戻り値の型が「image_picker」パッケージ独自の「pickedFile」だったが、pickImageメソッドではGoogle純正の「cross_file」パッケージにある「XFile」を戻り値の型として使用するようにしたため

Starting with version 0.8.2 of the image_picker plugin, new methods have been added for picking files that return XFile instances (from the cross_file package) rather than the plugin’s own PickedFile instances.

だそうです。

Android Studioでも横棒が入って、pickImageメソッドを使うように促してくれます。

(詳しくは、以下の動画で解説していますので、よろしければご覧下さい)

こんな記事も読まれています

おすすめコンテンツ




Flutter(フラッター)


みんプロ作成アプリ




TOP