[Android]メインスレッドとサブスレッド

Androidは、処理を流すためのベルトコンベア(スレッド)が1本しか存在しないシングルスレッドモデルです。

ですから、重い処理が走った場合はアプリが止まってしまう可能性があります。

それを回避するために、一時的に別のベルトコンベア(サブスレッド)で処理が出来る仕組みが用意されているのです。

 

このミニ動画講座で学べること

  • タイマー処理とサブスレッド(バックグラウンドスレッド)
  • Runnableインターフェースとは(別のベルトコンベア(サブスレッド)で処理をするためのクラス)
  • サブスレッドでは画面に何かを表示することは出来ない
  • タイマー処理で画面上の処理をする方法(runOnUiThreadメソッド)

(詳しくは下の動画で解説していますので、よろしければご覧ください)

こんな記事も読まれています

みんプロにかける想い

  1. プログラミングは手段の1つに過ぎない(目的は自分のアイデアを形にすること)

  2. プログラミングはみんなのもの!(プログラミングの醍醐味である「楽しさ」を伝えたい)

  3. ぼくが別に言う必要のない挫折の黒歴史をあえてさらけ出している理由(自分の中にある「ブロック」を外すきっかけにしてほしい)

  4. プログラミングを通じて「やわらかい世の中」を作りたい(ぼくがプログラミング講座をやっている本当の理由②)

  5. こんな無駄な苦労をするのはぼくで最後にしたい(ぼくがプログラミング講座をはじめたわけ)

みんプロ作成アプリ




みんプロ代表の黒歴史


TOP