[Android]スマホの画面の大きさの単位(px・dp・sp)

Androidは様々なメーカーからスマホ端末が販売されており、端末によって様々な画面のサイズがあります。

そのため、レイアウトファイル上でパーツの大きさを絶対値(ピクセル=px)で設定してしまうと、端末によって表示のされ方が異なるという問題が発生してしまいます。

この問題を回避するために考え出されたのが「dp」や「sp」という単位なのです。

 

このミニ動画講座で学べること

  • ピクセル(px)とは(画面にモノを表示させる最小単位)
  • dp・spとは(大きさの違うスマホでも同じように表示されるように調整された大きさの単位)
  • 画面が大きいからと言って細かく表示されるとは限らない

(詳しくは下の動画で解説していますので、よろしければご覧ください)

こんな記事も読まれています

みんプロにかける想い

  1. プログラミングは手段の1つに過ぎない(目的は自分のアイデアを形にすること)

  2. ぼくが別に言う必要のない挫折の黒歴史をあえてさらけ出している理由(自分の中にある「ブロック」を外すきっかけにしてほしい)

  3. プログラミングを通じて「やわらかい世の中」を作りたい(ぼくがプログラミング講座をやっている本当の理由②)

  4. プログラミングはみんなのもの!(プログラミングの醍醐味である「楽しさ」を伝えたい)

  5. こんな無駄な苦労をするのはぼくで最後にしたい(ぼくがプログラミング講座をはじめたわけ)

みんプロ作成アプリ




みんプロ代表の黒歴史


TOP