FlutterSDKのチャネル・バージョンの確認方法・切り替え方法・アップグレード・ダウングレード方法

Flutter SDKの配信チャネル

(注)現在は「dev」チャネルが廃止されて3つになっています。

FlutterのSDKには4つの配信チャネルがあります。

上から順に最新機能が使えますが、安全性は低くなります。製品版の作成には安定版(stable)の利用が推奨されています。

  1. master(最新機能が最も使えるが安全性は一番低い)
  2. dev(masterよりは多くのテストを経ているので安全性が高まっている)
  3. beta(おおむね毎月第一月曜日にリリース・stableに一歩手前)
  4. stable(おおむね四半期に1回リリース・DartのSDKと一緒に。最も安全性が高い)

チャネルの切り替えは、Terminalから

flutter channel (チャネル名)

で変更できます。

(チャネルの詳細はこちらから)

 

Flutter SDKのバージョン

(各配信チャネルの最新バージョンはこちらから)

バージョンのアップグレード

flutter upgrade

 

バージョンのダウングレード

flutter downgrade

 

(注)「flutter downgrade」でうまくいかない場合は、以下の要領で手動で行ってください。

1)既にインストールしたFlutterのSDK(以下の場所にある「flutter」フォルダ全体)を削除

  •  Windowsの場合:C:¥src
  •  Macの場合: /Users/ご自分のユーザー名

2)ダウングレードしたいFlutterのバージョンのzipファイルをダウンロード

 ・Windowsの場合:こちらから

  blank

 ・Macの場合:こちらから

  blank

3)2でダウンロードしたzipファイルを1の場所に解凍

(詳しくは、下の動画で解説していますので、よろしければご覧ください)

blank

こんな記事も読まれています

今すぐプレゼントを受け取る(約6時間のFlutter初級編体験版動画講座を無料でプレゼント)

はじめての方へ

blank
みんプロ式プログラミング講座体系・ラインナップ
みんプロ式プログラミング講座受講の流れ(割引特典利用方法)
サイトマップ(みんプロHPコンテンツ一覧)
運営会社概要

おすすめコンテンツ

プログラミングを学ぶとどんないいことがあるのか
みんプロ式を選んでいただける6つの理由
ぼくの人生挫折ヒストリー(代表者プロフィール)
ぼくのプログラミング挫折ヒストリー(無料メール講座・6大特典付き)
今最も注目のアプリ開発ツール「Flutter(フラッター)」ミニ動画講座

みんプロ式動画講座(コア・Flutter)

ゼロからのFlutter(初級編)-はじめてのプログラミングからアプリリリースまで-
Flutter中級編1-Web通信・設計・状態管理・DIの基礎-
Flutter中級編2-Firebase/地図・カメラ連携等の基礎-
Flutter中級編3-広告/アプリ内課金等の基礎-
Flutter中級編4-Webアプリとレスポンシブデザインの基礎-

みんプロ式動画講座(サテライト)

Flutter/Dartトラブルシューティング・小ネタ集(コア初級編受講で無料プレゼント)
ゼロからのGit・GitHub(コマンドラインツールを極力使わないバージョン管理入門)
Flutter/Dartにおける設計・状態管理・DIの解説集
blank

みんプロ式対面講座(Zoom)

反転授業型3ヶ月集中グループコース(対面講座)
アプリ作成サポート型マンツーマンコース(対面講座)

みんプロ作成アプリ

blank
blank
blank
blank

TOP