FlutterSDKのチャネル(channel)とバージョンの確認方法・切り替え方法

Flutter SDKの配信チャネル

FlutterのSDKには4つの配信チャネルがあります。

上から順に最新機能が使えますが、安全性は低くなります。製品版の作成には安定版(stable)の利用が推奨されています。

  1. master(最新機能が最も使えるが安全性は一番低い)
  2. dev(masterよりは多くのテストを経ているので安全性が高まっている)
  3. beta(おおむね毎月第一月曜日にリリース・stableに一歩手前)
  4. stable(おおむね四半期に1回リリース・DartのSDKと一緒に。最も安全性が高い)

チャネルの切り替えは、Terminalから

flutter channel (チャネル名)

で変更できます。

(チャネルの詳細はこちらから)

 

Flutter SDKのバージョン

(各配信チャネルの最新バージョンはこちらから)

バージョンのアップグレード

flutter upgrade

 

バージョンのダウングレード

flutter downgrade

 

(詳しくは、下の動画で解説していますので、よろしければご覧ください)

こんな記事も読まれています

おすすめコンテンツ




Flutter(フラッター)


みんプロ作成アプリ




TOP