Flutterアプリを動かすための(ビルドするための)3つのモード(Debugモード / Releaseモード / Profileモード)[初心者向け解説]

Flutterのアプリを動かす(ビルド)方法には3つのやり方があります。

(ビルドとは簡単に言うと、プログラムをアプリに仕立て上げる作業のこと全般を指します)

 

1.デバッグモード(Debug)

Android Studio上でRunボタン(再生ボタン)あるいはDebugボタン(ゲジゲジ)を押してビルドする場合

あるいは、Terminalから

flutter run

する場合の2通りのやり方があります。

デバッグ(Debug)とは、バグ(不具合)を修正するということなので、

  • 「Hot reload(コードの変更をすぐに画面上に反映させてくれる機能)」が使える
  • ブレークポイントを設定してコードを途中で止めることができる
  • エラーメッセージを表示してくれる

など、FlutterのSDKがアプリが動いているウラで色々と間違い探しをしてくれて、デバッグするために必要な情報を集めてくれます。

ですので、逆に言うと、色んな情報を収集する必要があるので、アプリの挙動が遅くなるという欠点があります。あと、iOSのシミュレーターはデバッグモードでしか動かせません(Androidのエミュレーターはデバッグモードでもリリースモードでも両方動かせます)。

 

2.リリースモード(Release)

リリースモードは、Terminalから

flutter run –release

して動かすやり方で、リリースした状態の本当のアプリの挙動の速さ(パフォーマンス)を確認したい場合につかいます。

ただし、この場合はデバッグモードでやってくれるような、不具合を修正するために必要な情報の収集はやってくれません。

また、iOSのシミュレーターは、リリースモードで動かすことはできません。

 

3.プロフィールモード(Profile)

プロフィールモードは、Terminalから

flutter run –profile

して動かすやり方で、デバッグモードとリリースモードの中間に当たります。

つまり、アプリの挙動の速さ(パフォーマンス)を損なわない程度にデバッグモードでやっている間違い探しをやってくれるモードのようです。

また、プロフィールモードは、iOSのシミュレーターでも使えるので、実機がない場合にiOSでのパフォーマンスを見たい場合は、このモードで動かすと良いようです。

(詳しくは、下の動画で解説していますので、よろしければご覧下さい)

こんな記事も読まれています

おすすめコンテンツ




Flutter(フラッター)


みんプロ作成アプリ




TOP