[Android]「Binary XML file line #●● Error inflating class ImageView」の対処法

APIレベル23以下の端末でアプリを回した際に、

android.view.InflateException: Binary XML file line #●●: Error inflating class ImageView

という謎のエラーが出てアプリが落ちてしまう現象が起こることがありますが、この対処法の解説です。

 

APIレベル24以上でないと表示されない画像を格納するフォルダに入れていたのが原因

結論から申し上げると、アプリで表示させたい画像を、APIレベルが24以上(Androidのバージョンが7.0以上)でないと表示されない画像を格納するフォルダである「drawable-v24」に入れてしまっていたために、APIレベル23以下で回すとアプリが落ちてしまったというわけです。

 

 

普通の「drawable」フォルダに画像を移すとAPIレベルが23以下の端末でもアプリが落ちることなく動くようになる

ですので、「Project」タグから普通の「drawable」フォルダに画像を移してもらえると、APIレベルが23以下の端末でもアプリが落ちることなく動くようになります。

 

 

今後、画像を「drawable」に格納する際に、以下のような画面が表示されることがあるかもしれませんが、その際は普通の「drawable」フォルダの方を選択いただくと、エラーが回避できるようになります。

(詳しくは下の動画で解説していますので、よろしければご覧ください)

こんな記事も読まれています

おすすめコンテンツ




Flutter(フラッター)


みんプロ作成アプリ




TOP