[Flutter]Widgetとは⑥:全てがWidgetであることのスゴさとは

(Widgetとはシリーズの続きです)

Flutterでは、

見た目に関する部分はすべて「Widget」で構成され、

Widgetは状態が変化するもの(StatefulWidget)と状態が変化しないもの(StatelessWidget)に分けられ、

ツリー構造になっており、

そして、Widgetを実際に描画する(お絵かきする)ためのメソッドが「build」メソッドになります。

さらに、このFlutterの根幹をなすWidgetというのは実に100種類以上ありますが、初心者の方が最低限覚えておくべきWidgetをまとめたのがこれ。

Flutterでは、見た目にかかわる部分は全部Widgetになっていますが、

これは何がすごいのかというと、アプリ全体であろうが、画面の大枠であろうが、画面のパーツであろうが、み〜んな同じ書き方ができるということなんです(②〜⑤をグリグリ回すだけ)。

 

これが、AndroidやiOSのネイティブアプリ開発には無いFlutterの凄さなんですね。

(詳しくは、下の動画で解説していますので、よろしければ、ご覧下さい)

こんな記事も読まれています

おすすめコンテンツ




Flutter(フラッター)


みんプロ作成アプリ




TOP