[Flutter]「ValueChanged?(DropdownButton#onChanged属性)」にはなぜ「?」が2つあるのか?

Flutterで、下にベローンと表示される選択肢である「DropdownButton」というウィジェットがあります。

この「DropdownButton」内の選択肢が変更された際には、「onChanged」属性で設定したコールバック関数が呼ばれますが、

この「onChanged」属性のソースコードをみると、なんと「Null許容」を示す「?」が2つあって、「なんじゃこりゃぁ~!」という感じになっています。

「ValueChanged<T?>?」については

  1. ValueChanged? の部分と(1つめの「?」)
  2. <T?> の部分(2つめの「?」)

に分けて考えるとわかりやすくなります。

 

1つめの「?」(ValueChanged? の部分)は「ValueChangedがNullの可能性がある」

1つめの「?」(ValueChanged? の部分)は

ValueChangedがNullの可能性がある=onChanged属性がNullの可能性がある

という、Nullになる可能性があるものは型のうしろに「?」を つけるという、普通のNull許容の考え方と同じです。

 

2つめの「?」(<T?>)は「コールバック関数の引数がNullになる可能性がある」

一方、2つめの「?」の部分(<T?>)については、

onChanged属性のコールバック関数の引数がNullになる可能性がある

ことを意味しています。

つまり、ValueChangedはFunction(T value)であるため、その実態は引数が1つだけある関数を意味しており、Tは関数の引数の型として使われていることから、ValueChanged?の正しい理解は

  • ValueChangedは引数を1つだけ持つ関数(Function(T value))であり
  • 「T」はその関数に入れる引数(value)の型
  • その「T」に「?」がついているということは、関数の引数(value)がNullになるかもしれない

ということになります。

(詳しくは、以下の動画で解説していますので、よろしければご覧下さい)

こんな記事も読まれています

おすすめコンテンツ




Flutter(フラッター)


みんプロ作成アプリ




TOP