Flutter(フラッター)でアプリを作るために必要な道具とは

野球をするにしても、バットとグローブという道具がないと始まらないのと同じで、今最も注目のアプリ開発ツール「Flutter(フラッター)」を使って、スマホアプリ(iOS・Android)を作るためにプログラミングをする際にも、次のような道具が必要になります。

 

Android Studio(プログラミングを書くためのツール)

実際にプログラミングを書くためのツールです。ぼくはAndroidから入っているので、Android Studioを好きで使っていますが、Visual Studio Codeでも出来ます。

 

Flutter SDK(開発ツール)

Android Studioはプログラミングを書くためのツールですが、実はAndroid Studioだけではただの「箱」で、これだけではFlutterアプリを作ることはできません。

ファミコンで言うと、カセットのない本体のようなものです。

ですので、Android StudioでFlutterアプリを作るための開発キットである「Flutter SDK(SDKとはSoftware Development Kit(開発キット)の略)」を、「カセット」として「ファミコン本体」であるAndroid Studioに組み込んであげる必要があります。

 

Dart(Flutterでプログラミングを書くための言語)

Flutterアプリは、Dartというプログラミング言語を使って書きますが、これ自体は「Flutter SDK」の中に含まれているので、「Flutter SDK」をAndroid Studioに組み込んでおけば、特段なにかする必要はありません。

 

XCode(iOSアプリをリリースする場合)

最終的にFlutterで作ったアプリは、Androidアプリとしても、iOSアプリとしてもリリースすることができますが、iOSアプリとしてリリースしたい場合は、iOSアプリを作るためのツールである「XCode」が必要になります。

XCodeはMac搭載のパソコンでしか使うことができませんので、WindowsパソコンではFlutterで作ったアプリをiOSアプリとしてリリースすることができない点には注意が必要です。

(詳しくは下の動画で解説していますので、よろしければご覧ください)

こんな記事も読まれています

みんプロにかける想い

  1. プログラミングはみんなのもの!(プログラミングの醍醐味である「楽しさ」を伝えたい)

  2. ぼくが別に言う必要のない挫折の黒歴史をあえてさらけ出している理由(自分の中にある「ブロック」を外すきっかけにしてほしい)

  3. プログラミングを通じて「やわらかい世の中」を作りたい(ぼくがプログラミング講座をやっている本当の理由②)

  4. プログラミングは手段の1つに過ぎない(目的は自分のアイデアを形にすること)

  5. こんな無駄な苦労をするのはぼくで最後にしたい(ぼくがプログラミング講座をはじめたわけ)

みんプロ作成アプリ




みんプロ代表の黒歴史


TOP