Flutter(フラッター)でアプリを作るために必要な道具とは

野球をするにしても、バットとグローブという道具がないと始まらないのと同じで、今最も注目のアプリ開発ツール「Flutter(フラッター)」を使って、スマホアプリ(iOS・Android)を作るためにプログラミングをする際にも、次のような道具が必要になります。

 

Android Studio(プログラミングを書くためのツール)

実際にプログラミングを書くためのツールです。ぼくはAndroidから入っているので、Android Studioを好きで使っていますが、Visual Studio Codeでも出来ます。

 

Flutter SDK(開発ツール)

Android Studioはプログラミングを書くためのツールですが、実はAndroid Studioだけではただの「箱」で、これだけではFlutterアプリを作ることはできません。

ファミコンで言うと、カセットのない本体のようなものです。

ですので、Android StudioでFlutterアプリを作るための開発キットである「Flutter SDK(SDKとはSoftware Development Kit(開発キット)の略)」を、「カセット」として「ファミコン本体」であるAndroid Studioに組み込んであげる必要があります。

 

Dart(Flutterでプログラミングを書くための言語)

Flutterアプリは、Dartというプログラミング言語を使って書きますが、これ自体は「Flutter SDK」の中に含まれているので、「Flutter SDK」をAndroid Studioに組み込んでおけば、特段なにかする必要はありません。

 

XCode(iOSアプリをリリースする場合)

最終的にFlutterで作ったアプリは、Androidアプリとしても、iOSアプリとしてもリリースすることができますが、iOSアプリとしてリリースしたい場合は、iOSアプリを作るためのツールである「XCode」が必要になります。

XCodeはMac搭載のパソコンでしか使うことができませんので、WindowsパソコンではFlutterで作ったアプリをiOSアプリとしてリリースすることができない点には注意が必要です。

(詳しくは下の動画で解説していますので、よろしければご覧ください)

こんな記事も読まれています

おすすめコンテンツ




Flutter(フラッター)


みんプロ作成アプリ




TOP