プログラミングという特別なスキルを手に入れた時あなたは一体どうするのか

いずれそうではなくなっていくと思いますが、今のところ「プログラミング」は、まだ誰もが当たり前に使えるわけではないという意味において、ある種「特別なスキル」の部類に入ると思います。

ですので、現時点でスマホアプリが作れるというような本格的なプログラミングが出来るというのは、周りの人から見たら、「すげえな~」という感じになるかもしれません。

ところで、前回お話しさせて頂いたように、プログラミングとは「無償の助け合いの精神」という世界観で成り立っています。

プログラミングが出来るということは、現時点では確かに「特別なスキル」ですが、あなたがその「特別なスキル」を得る過程においては、ほんの小さなプログラムを作るだけでも、プログラミング言語や前回お伝えした「クラスの継承」など、見えない色んな人たちの助けを借りてきているわけです。

ですから、プログラミングの「世界観」を目の前にしたときに、「おれってすげえやろ、お前なんかより全然できるんやぞ!」という優越感に浸ろうとするのは、あまり格好のいいものではないことがわかります。

そうではなくて、もう残念ながら解散してしまいましたが、SMAPの大ヒット曲「世界に一つだけの花」を思い出してもらいたいのです。

人にはそれぞれ凸凹があって、あなたのようにプログラミングが出来る人もいれば、できない人もいる。その代わり、あなたに出来ないことが出来る人もいる。

その凸凹のパズルを、みんなで補い合って助け合いながら本当は世の中というのは成り立っていくわけで、自分一人で何でもかんでも出来ることがいいわけではないし、そんなことは不可能なのです。

ですから、自分に出来ないことは人にお願いして助けてもらいながら、その代わりに自分に出来ることを使って、人に手を差し伸べていく。

その自分に出来ることというのが「プログラミング」であるならば、その特別なスキルを獲得した優越感に浸るのではなく、例えば周りの人に喜んでもらえるアプリを作るとか、何か人の役に立つことに使ってもらいたい。

ぼくも偉そうなことを言えた身分では決してありませんが、せっかくプログラミングを学ぶ機会を得たときに、単なるスキルを習得するだけではなくて、その「助け合いの世界観」も是非味わってほしい。

そして、その世界観をわたしたちの講座で少しでもみなさんに感じて頂くことができたら、とてもうれしく思います。

アバター

北川 博之(きーぼー)

みんなのプログラミング by Telulu LLC代表 大阪府生まれ。京都大学経済学部経済学科卒業。 2000年より、日本生命保険、ニッセイアセットマネジメント、パトナム・インベストメンツ(米国)で、日本株トレーダー・アナリスト、経営企画、システム開発等の業務に従事。主に日本株の売買執行・投資分析、経営計画の策定、海外投資家向け日本株営業、社内トレーディングシステム及び経理システムの開発等を行う。 2016年、合同会社てるる設立。スマホアプリプログラマーとして「新感覚脳トレアプリ・記憶戦隊オボエルンジャー」「Meisoー1番シンプルなマインドフルネス瞑想アプリ」をはじめとした、メンタルヘルス・知育系アプリを中心に4タイトル・計8本(Android・iOS)をリリース。 2017年、自身のこれまでの社会人経験・プログラミング経験・子育て経験を基に、プログラミングを通じて人々の人生を豊かにして、未来に希望の持てる明るい社会の実現に貢献したいとの想いから、プログラミング完全初心者と挫折経験のある人を支援する「プログラミング挫折撲滅プロジェクト・みんなのプログラミング by Telulu LLC」を設立し、プログラミングサポーター活動と心理カウンセリング活動を開始。これまでに3,000名を超える方のプログラミング挫折撲滅をサポート。

こんな記事も読まれています

みんプロにかける想い

  1. プログラミングは手段の1つに過ぎない(目的は自分のアイデアを形にすること)

  2. プログラミングはみんなのもの!(プログラミングの醍醐味である「楽しさ」を伝えたい)

  3. こんな無駄な苦労をするのはぼくで最後にしたい(ぼくがプログラミング講座をはじめたわけ)

  4. プログラミングを通じて「やわらかい世の中」を作りたい(ぼくがプログラミング講座をやっている本当の理由②)

  5. ぼくが別に言う必要のない挫折の黒歴史をあえてさらけ出している理由(自分の中にある「ブロック」を外すきっかけにしてほしい)

みんプロ作成アプリ




みんプロ代表の黒歴史


TOP