Flutter3.7以降は「pub get」したあとの出力結果が変わっています(「Resolving dependencies」の追加)

(これは、わかっている方には何てことない話なのですが、初学者の方にとっては意外につまづくポイントになるかもしれないので載せておきます)

2023年の3月にFlutterの安定版のバージョンが3.7にアップグレードされましたが、

それに伴って、これまで「pubspec.yaml」ファイルで「pub get」したあとに出力結果に変更がありました。

バージョン3.7未満の場合は、すぐに完了コード(Process finished with exit code 0)が表示されたのに対し、

blank

バージョン3.7以降の場合は、「Resolving dependencies」欄が表示されてから、完了コードが表示されるように変更されています。

blank

この「Resolving dependencies」欄では、pubspec.yamlファイルで設定したパッケージの実際に使われているバージョンが表示されており、これまでは「pubspec.lock」ファイルを見ないとわからなかった情報が、「pub get」の段階で見れるようになったという点で便利になっています。

(詳しくは、以下の動画で解説していますので、よろしければご覧ください)

blank

こんな記事も読まれています

今すぐプレゼントを受け取る(約6時間のFlutter初級編体験版動画講座を無料でプレゼント)
blank

はじめての方へ

blank
みんプロ式プログラミング講座体系・ラインナップ
みんプロ式プログラミング講座受講の流れ(割引特典利用方法)
サイトマップ(みんプロHPコンテンツ一覧)
運営会社概要

おすすめコンテンツ

プログラミングを学ぶとどんないいことがあるのか
みんプロ式を選んでいただける6つの理由
ぼくの人生挫折ヒストリー(代表者プロフィール)
ぼくのプログラミング挫折ヒストリー(無料メール講座・6大特典付き)
今最も注目のアプリ開発ツール「Flutter(フラッター)」ミニ動画講座

みんプロ作成アプリ

blank
blank
blank
blank
blank

みんプロ式動画講座(コア・Flutter)

ゼロからのFlutter(初級編)-はじめてのプログラミングからアプリリリースまで-
Flutter中級編1-Web通信・設計・状態管理・DIの基礎-
Flutter中級編2-Firebase/地図・カメラ連携等の基礎-
Flutter中級編3-広告/アプリ内課金等の基礎-
Flutter中級編4-Webアプリとレスポンシブデザインの基礎-

みんプロ式動画講座(サテライト)

Flutter/Dartトラブルシューティング・小ネタ集(コア初級編受講で無料プレゼント)
ゼロからのGit・GitHub(コマンドラインツールを極力使わないバージョン管理入門)
Flutter/Dartにおける設計・状態管理・DIの解説集
Dart逆引き大辞典
Flutterにおけるテストの基礎
blank
blank

TOP