「神」は明るさにほほえむ

今、アメリカ大統領選挙で繰り広げられていることの深層にある命題とは、自分の力を何に使うのか(何に売り渡してしまうのか)という「選択」を、アメリカだけでなく全世界の個人個人に迫っているということにあると思います。

自分の才能というものが、本質的には自分で獲得したものではないという謙虚さを思い出すことができれば、どちらを選択するのかは自ずと決まります。

また、権力・メディア・お金などに自分の本来の力を売り渡す必要がないとわかったときにも、人間のもつ本来的な謙虚さと善がよみがえります。

今、権力やメディアからの未曾有の圧力にさらされる中、多くのアメリカ国民に目覚めが起きています。

まさに、激動の2020年にふさわしい画期的な現象だと思います。

トランプ大統領陣営の若手女性弁護士であるジェナ・エリスさんのインタビューからは、「神」と呼ばれる目に見えない大いなる力が存在するとすれば、それがすでにどちらに軍配を上げているのかを明白に物語っています。

なぜなら、人も動物も植物も、本能的に求め集まっていくものは、最後は明るさ(Light)だからです。

(メディア等からの様々な圧力や上司のジュリアーニ弁護士がコロナに感染するというとんでもない状況にも関わらず、なぜあなたはそんなに明るくいられるのかという質問に対して)

「私の人生は神への奉仕のためにある。だから私は何を言われても(どんな圧力を受けても)気にしない。誰に何を言われようと、自分が光となりインスピレーションを与える存在になれればいいと思っています。私たちは神とキリストの似姿として創造された人間なのです。私にとっては、真実を追求し、神と国のために正しいことをしていることを知っている限り、それがすべてにおいて重要なことで、それが私に楽観と希望を与えてくれているのです。」

During an interview on Fox Business, Ellis was asked how she maintains a positive attitude amid setbacks in court and Rudy Giuliani’s COVID-19 diagnosis.

“You know, my life is in service and honor to the Lord Jesus Christ,” Ellis said. “And so whatever anybody else says really doesn’t bother me. I hope that I can be a light and inspiration to everyone else that no matter what anyone else says about you, it’s all about just who you are as a person and made in the image of God and in Christ.”

“And that’s ultimately at the end of the day, as long as I know that I’m pursuing truth and I’m doing the right thing for God and my country, that’s all that matters,” she added. “So that’s what gives me my optimism and my hope.”


 

アバター

北川 博之(きーぼー)

みんなのプログラミング by Telulu LLC代表 大阪府生まれ。京都大学経済学部経済学科卒業。 2000年より、日本生命保険、ニッセイアセットマネジメント、パトナム・インベストメンツ(米国)で、日本株トレーダー・アナリスト、経営企画、システム開発等の業務に従事。主に日本株の売買執行・投資分析、経営計画の策定、海外投資家向け日本株営業、社内トレーディングシステム及び経理システムの開発等を行う。 2016年、合同会社てるる設立。スマホアプリプログラマーとして「新感覚脳トレアプリ・記憶戦隊オボエルンジャー」「Meisoー1番シンプルなマインドフルネス瞑想アプリ」をはじめとした、メンタルヘルス・知育系アプリを中心に4タイトル・計8本(Android・iOS)をリリース。 2017年、自身のこれまでの社会人経験・プログラミング経験・子育て経験を基に、プログラミングを通じて人々の人生を豊かにして、未来に希望の持てる明るい社会の実現に貢献したいとの想いから、プログラミング完全初心者と挫折経験のある人を支援する「プログラミング挫折撲滅プロジェクト・みんなのプログラミング by Telulu LLC」を設立し、プログラミングサポーター活動と心理カウンセリング活動を開始。これまでに3,000名を超える方のプログラミング挫折撲滅をサポート。

こんな記事も読まれています

みんプロにかける想い

  1. プログラミングを通じて「やわらかい世の中」を作りたい(ぼくがプログラミング講座をやっている本当の理由②)

  2. プログラミングはみんなのもの!(プログラミングの醍醐味である「楽しさ」を伝えたい)

  3. トランプ政権2期目に起こるIT業界激震予想(前編:スマホの世界の構造問題に荒療治が行われる可能性)

  4. トランプ政権2期目に起こるIT業界激震予想(後編:ブロックチェーンによるインターネットの再民主化が行われる可能性)

  5. こんな無駄な苦労をするのはぼくで最後にしたい(ぼくがプログラミング講座をはじめたわけ)

みんプロ作成アプリ




みんプロ代表の黒歴史


TOP