みんプロにかける想い みんプロ代表の独り放談

「みんプロ式」は自己肯定感醸成をサポートするプログラミング講座です。

投稿日:2018年6月7日 更新日:

 

私たち「みんなのプログラミング by Telulu LLC (以下、みんプロ)」は、最終的には自分の力でスマホアプリが作れるようになることを目指すプログラミング講座です。

ではあるのですが、それは誰か他の人よりもすごいアプリを作れるようになるというような、抜群に優れたスキルを身につけてもらいたい講座ではありません。

あくまで、プログラミングを通じて、受講して頂く方の自己肯定感という「マインド」を育むことを最終的な目的にしている講座です。

この自己肯定感という「マインド」を土台に、この「みんプロ式」で培っていただいたプログラミングスキルを、どうか人の役に立つことに使って頂きたいと思っております。

せっかくスキルを身につけても、悪用してしまっては意味がないわけです。

プログラミングのスキルを身につけるということは、現時点では、人よりもスキルの点では一歩リードするような感じになるかもしれません。

しかし、そのスキルを手に入れたときに、出来ない人と比較して「自分はすごいやろ」という優越感を味わってもらいたいわけではありません。

そうではなくて、そのせっかく手に入れた特別なスキルを、人の役に立つことに使ってもらいたい。

先日惜しくも解散してしまったスーパーアイドルグループ「SMAP」の「もともと特別なオンリーワン」という名曲がありますが、まさに人というのは、自分ひとりで生きているわけではありません。

プログラミングスキルを手に入れたあなたに出来ることもあれば、出来ないこともある。一方、あなたに出来ないことで、他の人に出来ることもある。

このようなパズルの組み合わせのような感じで、1つの社会というのは成り立っている。つまりお互いの助け合いの中で、世の中というものは形成されているわけです。

ですから、もしあなたがプログラミングのような、何か特別なスキルをもったとするならば、人の役に立つことに使ってもらいたい。

そのような「マインド」を育むお手伝いをさせて頂きたい。そういう想いで、この「みんプロ式」のプログラミング事業を展開しています。

 

みんプロへのお問い合わせはこちらよりお気軽にお寄せ下さい

ほんまにやってよかったなと

数度の挫折経験から
みんプロと出会ってわずか2ヶ月でアプリをリリース!
芝 毅仁さんの大逆転劇インタビュー

今すぐチェック

  • この記事を書いた人
北川 博之 (みんなのプログラミング by Telulu LLC 代表)

北川 博之(みんなのプログラミング by Telulu LLC 代表)

大阪府生まれ。京都大学経済学部経済学科卒業。2000年より、日本生命保険、ニッセイアセットマネジメント、パトナム・インベストメンツ(米国)で、日本株トレーダー・アナリスト、経営企画、システム開発等の業務に従事。主に日本株の売買執行・投資分析、経営計画の策定、海外投資家向け日本株営業、社内トレーディングシステム及び経理システムの開発等を行う。2016年、合同会社てるる設立。スマホアプリプログラマーとして「新感覚脳トレアプリ・記憶戦隊オボエルンジャー」「Meiso-一番シンプルなマインドフルネス瞑想」「ご当地的鉄道アプリ・関西鉄道駅検定(京阪神編)」など、知育・メンタルヘルス系を中心に5タイトル・計10本のAndroid・iOSアプリをリリース。2017年、自身のこれまでの社会人経験・プログラミング経験・子育て経験をを基に、プログラミングを通じて人々の人生を豊かにして、未来に希望の持てる明るい社会の実現に貢献したいとの想いから、ビギナー向けプログラミングひろば「みんなのプログラミング by Telulu LLC」を設立し、プログラミングサポーター活動と心理カウンセリング活動を開始。3児の父。かなり長めのプロフィールをこちらから https://minpro.net/profile-of-ceo

-みんプロにかける想い, みんプロ代表の独り放談

Copyright© みんなのプログラミング by Telulu LLC - 初心者向け反転授業型Kotlin✕Androidアプリ開発オンラインプログラミング講座「みんプロ式」 , 2019 All Rights Reserved.