プログラミングを学ぶ意義

プログラミングは目標管理能力を養う

2018年1月18日

 

コンピューターというのは、指示を「細かく」くっきりはっきり伝えてあげないと動いてくれません。

従って、コンピューターへの命令であるプログラミングをやる上では、この「細かいタスクに分解する力」というのが非常に重要になってくるわけですが、これが実は目標管理能力を養うことにつながるのです。

 

プログラミングは目標管理能力を養う [プログラミングを学ぶ意義・メリット #010]でお伝えしたいこと

コンピューターは0と1しか理解してくれないので、人間みたいに空気を読んで曖昧な指図でも実行してくれることはない。

従って、コンピューターへの命令であるプログラミングでは、指示を「細かいタスクに分解して」あげる必要がある

だから、プログラミングを学ぶということは、目標達成に必要な「細かいタスクに分解する力」が鍛えられる

 

以前「人が行動を起こすためには2つの条件がいる」ということで、「具体的な目標」と「タイムリミット」の両方がいるという話をさせてもらいました。

では、その目標を達成するために次に何をすればいいのか。

これは、もったいぶるような話ではないのですが、その秘訣は「とにかく細かいタスクに分解すること」にあります。

目標というのは、当たり前ですが、今の自分とは違う自分になるということ、つまり今の自分より高みを目指すということですので、山登りのようなものです。

その目標たる山に登ろうとしたときに、頂上までたった一段の階段では、あまりに高くて登れません。

ですので、自分が登れる段数にまで細かく割ってやらないと、なかなか登れるという気になれず、行動に起こせないというわけなのです。

たとえば、受験勉強を例にとると、「来年の3月に●●大学に入る」という目標を立てたとします。

では、その目標達成のために次に何をするのかを考えないといけないわけですが、当たり前ですが、いきなり試験を受けても合格できませんので、試験までに勉強しないといけない。

では、その時に何の勉強をすればいいのかといったときには、人に与えられた時間は1日24時間に限られていますので、その中で自分が実際に出来る勉強量にまで、細かいタスクとして分解してやる必要がある。

これが出来るか出来ないかが、志望校への合格、すなわち目標達成の成否に大きくかかわってくるということなのです。

実は、プログラミングがまさにこれなのです。

以前お話ししたかもしれませんが、プログラミングとはコンピューターに対する命令です。そして、コンピューターは0と1しか理解してくれませんので、人間みたいに空気を読んで曖昧な指図でも実行してくれることはありません。

たとえば、人間であれば「手をあげて」と言われれば、とりあえずどちらの手かわからないけど適当に上げようとしますが、コンピューターはそんなことはしてくれません。

まず、そもそもあげるのは右手なのか左手なのか。次にあげ方は前からなのか、それとも横からなのか。さらには、あげる角度は90度なのか、120度なのか、180度なのか。

これらのことを「細かく」くっきりはっきり伝えてあげないと、コンピューターは動いてくれないのです。

つまり、この「細かいタスクに分解する力」というのが、プログラミングをする上で非常に重要になってくるわけです。

従って、プログラミングを学ぶということは、この目標達成に必要な「細かいタスクに分解する力」が鍛えられるということで、それはまさしく目標管理能力を養うことにつながるということです。

これも、プログラミングを学ぶ「効用」の一つなのではないかと思うわけであります。

 

みんプロへのお問い合わせはこちらよりお気軽にお寄せ下さい

経験ゼロから
3ヶ月でアプリが出せる

なぜプログラミングの学習は
9割もの人が挫折するのか

ぼく自身の黒歴史の経験から
挫折パターンと
脱却ノウハウが明らかに!

最後まで読んだあなたは
もう挫折から
脱却せずにはいられない!

かもしれない

チェックするの今でしょ!

みんプロならアプリ出せるって最初に確信した(受講生インタビュー・芝 毅仁さん)

社会人にはうってつけの講座だと思います(受講生インタビュー・大河内 誠一さん)

ぼくの人生挫折ヒストリー

ぼくのプログラミング挫折ヒストリー

  • この記事を書いた人
北川 博之 (みんなのプログラミング by Telulu LLC 代表)

北川 博之(みんなのプログラミング by Telulu LLC 代表)

大阪府生まれ。京都大学経済学部経済学科卒業。2000年より、日本生命保険、ニッセイアセットマネジメント、パトナム・インベストメンツ(米国)で、日本株トレーダー・アナリスト、経営企画、システム開発等の業務に従事。主に日本株の売買執行・投資分析、経営計画の策定、海外投資家向け日本株営業、社内トレーディングシステム及び経理システムの開発等を行う。2016年、合同会社てるる設立。スマホアプリプログラマーとして「新感覚脳トレアプリ・記憶戦隊オボエルンジャー」「Meisoー1番シンプルなマインドフルネス瞑想アプリ」をはじめとした、メンタルヘルス・知育系アプリを中心に4タイトル・計8本(Android・iOS)をリリース。2017年、自身のこれまでの社会人経験・プログラミング経験・子育て経験を基に、プログラミングを通じて人々の人生を豊かにして、未来に希望の持てる明るい社会の実現に貢献したいとの想いから、プログラミング完全初心者と挫折経験のある人を支援する「プログラミング挫折撲滅プロジェクト・みんなのプログラミング by Telulu LLC」を設立し、プログラミングサポーター活動と心理カウンセリング活動を開始。これまでに2,000名を超える方のプログラミング挫折撲滅をサポート。

みんプロ式・おすすめ講座3兄弟

1

(上の画像をクリックするとプロモーション動画がご覧頂けます)   プログラミング経験一切不要! 今最も注目のアプリ開発ツール 「Flutter(フラッター)」を使って 経験ゼロでもたった3ヶ ...

2

(上の画像をクリックすると、プロモーション動画がご覧頂けます)   プログラミング経験一切不要! 今最も注目のプログラミング言語 「Koltin(ことりん)」を使って 経験ゼロでもたった3ヶ ...

3

   プログラミング経験一切不要。 世界のスマホの約7割という圧倒的なシェアを占めるAndroid。 そのAndroidアプリの開発力と、世界で最も使われているプログラミング言語「Java ...

-プログラミングを学ぶ意義

Copyright© みんなのプログラミング by Telulu LLC , 2019 All Rights Reserved.