目標を達成するためにすべきたった1つのこと

以前「人が行動を起こすためには2つの条件がいる」ということで、「具体的な目標」と「タイムリミット」の両方がいるという話をさせてもらいました。

では、その目標を達成するために次に何をすればいいのか。

これは、もったいぶるような話ではないのですが、その秘訣は「とにかく細かいタスクに分解すること」にあります。

目標というのは、当たり前ですが、今の自分とは違う自分になるということ、つまり今の自分より高みを目指すということですので、山登りのようなものです。

その目標たる山に登ろうとしたときに、頂上までたった一段の階段では、あまりに高くて登れません。

ですので、自分が登れる段数にまで細かく割ってやらないと、なかなか登れるという気になれず、行動に起こせないというわけなのです。

たとえば、受験勉強を例にとると、「来年の3月に●●大学に入る」という目標を立てたとします。

では、その目標達成のために次に何をするのかを考えないといけないわけですが、当たり前ですが、いきなり試験を受けても合格できませんので、試験までに勉強しないといけない。

では、その時に何の勉強をすればいいのかといったときには、人に与えられた時間は1日24時間に限られていますので、その中で自分が実際に出来る勉強量にまで、細かいタスクとして分解してやる必要がある。

これが出来るか出来ないかが、志望校への合格、すなわち目標達成の成否に大きくかかわってくるということなのです。

実は、プログラミングがまさにこれなのです。

以前お話ししたかもしれませんが、プログラミングとはコンピューターに対する命令です。そして、コンピューターは0と1しか理解してくれませんので、人間みたいに空気を読んで曖昧な指図でも実行してくれることはありません。

たとえば、人間であれば「手をあげて」と言われれば、とりあえずどちらの手かわからないけど適当に上げようとしますが、コンピューターはそんなことはしてくれません。

まず、そもそもあげるのは右手なのか左手なのか。次にあげ方は前からなのか、それとも横からなのか。さらには、あげる角度は90度なのか、120度なのか、180度なのか。

これらのことを「細かく」くっきりはっきり伝えてあげないと、コンピューターは動いてくれないのです。

つまり、この「細かいタスクに分解する力」というのが、プログラミングをする上で非常に重要になってくるわけです。

従って、プログラミングを学ぶということは、この目標達成に必要な「細かいタスクに分解する力」が鍛えられるということで、それはまさしく目標管理能力を養うことにつながるということです。

これも、プログラミングを学ぶ「効用」の一つなのではないかと思うわけであります。

アバター

北川 博之(きーぼー)

みんなのプログラミング by Telulu LLC代表 大阪府生まれ。京都大学経済学部経済学科卒業。 2000年より、日本生命保険、ニッセイアセットマネジメント、パトナム・インベストメンツ(米国)で、日本株トレーダー・アナリスト、経営企画、システム開発等の業務に従事。主に日本株の売買執行・投資分析、経営計画の策定、海外投資家向け日本株営業、社内トレーディングシステム及び経理システムの開発等を行う。 2016年、合同会社てるる設立。スマホアプリプログラマーとして「新感覚脳トレアプリ・記憶戦隊オボエルンジャー」「Meisoー1番シンプルなマインドフルネス瞑想アプリ」をはじめとした、メンタルヘルス・知育系アプリを中心に4タイトル・計8本(Android・iOS)をリリース。 2017年、自身のこれまでの社会人経験・プログラミング経験・子育て経験を基に、プログラミングを通じて人々の人生を豊かにして、未来に希望の持てる明るい社会の実現に貢献したいとの想いから、プログラミング完全初心者と挫折経験のある人を支援する「プログラミング挫折撲滅プロジェクト・みんなのプログラミング by Telulu LLC」を設立し、プログラミングサポーター活動と心理カウンセリング活動を開始。これまでに3,000名を超える方のプログラミング挫折撲滅をサポート。

こんな記事も読まれています

みんプロにかける想い

  1. プログラミングはみんなのもの!(プログラミングの醍醐味である「楽しさ」を伝えたい)

  2. トランプ政権2期目に起こるIT業界激震予想(前編:スマホの世界の構造問題に荒療治が行われる可能性)

  3. ぼくが別に言う必要のない挫折の黒歴史をあえてさらけ出している理由(自分の中にある「ブロック」を外すきっかけにしてほしい)

  4. プログラミングは手段の1つに過ぎない(目的は自分のアイデアを形にすること)

  5. トランプ政権2期目に起こるIT業界激震予想(後編:ブロックチェーンによるインターネットの再民主化が行われる可能性)

みんプロ作成アプリ




みんプロ代表の黒歴史


TOP