プログラミングは思いやりの精神を身につける絶好の機会

プログラミングというものは「継承」の仕組みに代表されるように、先人たちの知恵の積み重ねで成り立っている、つまり「無償の助け合いの精神」で成り立っています。

では、ことユーザーに対してプログラム(アプリ)を提供していく上で考えないといけない視点とは何なのでしょうか。

そこで、まず考えないといけないことは、アプリのユーザーつまり使ってもらう人というのは、作ったぼくたちが意図する通りに動いてくれるとは限らないということです。

ですから、ユーザーがどんなにぼくたちの意図しない使い方をしても、ぼくたちが思っている通りにプログラムが動いてくれるようにする必要がある。

ですから、そのためにはどうすればいいのか、ということを考えるということが、一つの大事な視点になってくるということなのです。

ブロック(クラス)の組み合わせであるプログラミングでは、そのブロックの組み合わせ方を考えることがとても重要です。

たしかにそれも大事なのですが、その大前提として、いかに使ってもらう人が変な使い方をしても大丈夫なように設計してあげるのか。

あるいは、ユーザーが意図しない使い方をしないで済むように、どうやったらシンプルな作りにしてあげられるのか、ということを「ユーザー(使ってくれる人)の立場に立って」考えてあげる。

このことが、プログラミングの書き方を知っているということよりも、大事になってくるということであり、これは、まさに「相手の立場に立って物事を考える」、つまり「相手に対する『思いやりの精神』」そのものです。

つまり、プログラミングを学んでアプリを作るという経験は、そういう「思いやりの精神」を身につけられる絶好の機会ではあると考えられるのです。

これも受験勉強では身につけることが難しい、プログラミングの新しい「効用」なのではないでしょうか。

blank

こんな記事も読まれています

今すぐプレゼントを受け取る(約6時間のFlutter初級編体験版動画講座を無料でプレゼント)
blank

はじめての方へ

blank
みんプロ式プログラミング講座体系・ラインナップ
みんプロ式プログラミング講座受講の流れ(割引特典利用方法)
サイトマップ(みんプロHPコンテンツ一覧)
運営会社概要

おすすめコンテンツ

プログラミングを学ぶとどんないいことがあるのか
みんプロ式を選んでいただける6つの理由
ぼくの人生挫折ヒストリー(代表者プロフィール)
ぼくのプログラミング挫折ヒストリー(無料メール講座・6大特典付き)
今最も注目のアプリ開発ツール「Flutter(フラッター)」ミニ動画講座

みんプロ式動画講座(コア・Flutter)

ゼロからのFlutter(初級編)-はじめてのプログラミングからアプリリリースまで-
Flutter中級編1-Web通信・設計・状態管理・DIの基礎-
Flutter中級編2-Firebase/地図・カメラ連携等の基礎-
Flutter中級編3-広告/アプリ内課金等の基礎-
Flutter中級編4-Webアプリとレスポンシブデザインの基礎-

みんプロ式動画講座(サテライト)

Flutter/Dartトラブルシューティング・小ネタ集(コア初級編受講で無料プレゼント)
ゼロからのGit・GitHub(コマンドラインツールを極力使わないバージョン管理入門)
Flutter/Dartにおける設計・状態管理・DIの解説集
Dart逆引き大辞典
Flutterにおけるテストの基礎
blank
blank

みんプロ作成アプリ

blank
blank
blank
blank

TOP