プログラミングはこれからの時代に必要な知恵と行動力を養う

「技術の民主化」によって、これまでは「ある特定の『ムラ』にどれだけの期間属しているのか」ということが「価値を提供する」ための基準になっていたのが、今は全然そうではなくなった。

そして、この動きは、テレビや車だけに限りません。

これは「金融」の世界にも見られる現象で、昔は銀行業と営むのは「銀行」しか出来なかったのが、今では「スーパーマーケット(イオン銀行・セブン銀行等)」が銀行をやる時代になっていますから、「銀行業界に●十年いました」というのは関係なくなってきているわけです。

つまり、今までの業界の区割りというものが、どんどん崩れてきている時代になっているのです。

では、そんな時代を生き抜くためにはどうすればいいのか。

これも月並みな結論になってしまいますが、やっぱり今まで当たり前と思っていた区割りとか考え方の枠組み(フレームワークとか言ったりしますが)とかを、バチンと壊して「やわらかアタマ」になっていく必要があるということなのでしょう。

今は、どんどんと便利になってアウトプットをしない時代になってきているのですが、アウトプットをするためのハードルは、皮肉にもどんどん低くなってきている。

かつ、今までは、ある特定の「ムラ(=業界)」に長いこと属していればそれでよかったのですが、今は「技術の民主化」によって、違う「ムラ」からでも、どこからでも入ってこられる時代になってきている。

ということは、やはり「自分で何か新しいものを作っていくしかないよね」という時代になってきているということです。

ぼくも「金融」の中の「資産運用」の業界にいましたが、そこでも「金融」の人だけではなくて、今では何とロボットが人の代わりに資産運用をするようになってきているのです。

このような「ムラ」の垣根が崩れている時代に、どうやって生き残っていけばいいのかということを考えた時に、「『金融』という枠組みに捕らわれててええんか?」という話が出てきたりするわけです。

つまり、これまでの枠組みとは違う考え方をしていく必要があるわけで、それが兼ねてから申し上げている「これからの時代は『知識』よりも『知恵』と『行動』」が大事になってくる。

そして、そのためにプログラミングというものは、そういうことを意識しながらやると、非常に良いツールになるのではないか。

ということで、最後は自分の宣伝をちゃっかりしてしまうというヤラしい展開になってしまいましたが、受験勉強では身につかない「知恵」と「行動」を伸ばすお手伝いが「みんプロ」で出来ればと考えております。

こんな記事も読まれています

おすすめコンテンツ




Flutter(フラッター)


みんプロ作成アプリ




TOP