[Flutter/iOS]App Storeで有料価格を設定する場合の注意点(Apple側の価格テーブル変更によって勝手に値段が変更される可能性あり)

Flutterは、AndroidアプリもiOSアプリも”いっぺんに”作れますが、Flutterで作ったスマホアプリのアプリ内課金アイテムの値付けについては、それぞれのプラットフォームのストア内で行う必要があります。

その際に、Android(Google Play)の場合は自由に値段を設定することができますが、iOS(App Store)の場合はあらかじめ価格帯テーブルが決まっているので、自由に値段を設定できないというトラップがあります。

  Google Play(Android) App Store(iOS)
消費税 税抜き 税込み
価格テーブル なし(自由に値付け可能) あり(設定できる価格が決まっている)

加えて、iOSの場合は、価格帯テーブルの中から「価格帯X」という形で選択しているので(以下の例の場合は「価格帯4」が490円になっている)、

blank

Appleが価格帯テーブルを変更すると、自分の設定した価格帯の値段も勝手に変更されてしまうというトラップがあります。

たとえば上の例だと、こちらとしては「490円」で設定したつもりなのに、Apple的には「価格帯4」で設定されているので、「価格帯4」の値段がAppleによって変更されたことで、自分の課金アイテムの値段も勝手に値上げされてしまっています。

blank

Appleは2022年10月に、昨今の急激な円安を受けてか、日本円の価格帯テーブルを大幅に改定しましたが、値上げ幅が大きすぎる(約3割の値上げ)ことに加え、上記のように既存価格が勝手に改定されてしまい、その周知期間があまりに短いということで批判が上がっている模様です。

アップルは22年9月にアプリの料金体系変更を発表し、10月に適用を始めた。発表から適用まで十数日しかなかった。アプリ提供事業者には値上げに伴い、システム変更などの対応が求められる。経産省の調査によると、一部の事業者から「変更に対応するための期間が不十分だ」といった意見が寄せられていた。

(詳しくは、以下の動画で解説していますので、よろしければご覧ください)

blank

こんな記事も読まれています

今すぐプレゼントを受け取る(約6時間のFlutter初級編体験版動画講座を無料でプレゼント)
blank

はじめての方へ

blank
みんプロ式プログラミング講座体系・ラインナップ
みんプロ式プログラミング講座受講の流れ(割引特典利用方法)
サイトマップ(みんプロHPコンテンツ一覧)
運営会社概要

おすすめコンテンツ

プログラミングを学ぶとどんないいことがあるのか
みんプロ式を選んでいただける6つの理由
ぼくの人生挫折ヒストリー(代表者プロフィール)
ぼくのプログラミング挫折ヒストリー(無料メール講座・6大特典付き)
今最も注目のアプリ開発ツール「Flutter(フラッター)」ミニ動画講座

みんプロ作成アプリ

blank
blank
blank
blank
blank

みんプロ式動画講座(コア・Flutter)

ゼロからのFlutter(初級編)-はじめてのプログラミングからアプリリリースまで-
Flutter中級編1-Web通信・設計・状態管理・DIの基礎-
Flutter中級編2-Firebase/地図・カメラ連携等の基礎-
Flutter中級編3-広告/アプリ内課金等の基礎-
Flutter中級編4-Webアプリとレスポンシブデザインの基礎-

みんプロ式動画講座(サテライト)

Flutter/Dartトラブルシューティング・小ネタ集(コア初級編受講で無料プレゼント)
ゼロからのGit・GitHub(コマンドラインツールを極力使わないバージョン管理入門)
Flutter/Dartにおける設計・状態管理・DIの解説集
Dart逆引き大辞典
Flutterにおけるテストの基礎
blank
blank

TOP