[Flutter/iOS]App Store Connectに載せるスクリーンショット作成時の注意点

iOSアプリをリリースする際の情報を設定する「App Store Connect」に掲載するスクリーンショット作成については、Google Play(Android)と違って色々とワナが仕掛けられていますので注意が必要です。

(Appleの審査ガイドライン全体はこちらから)

テスト広告を入れてはいけない

blank

「Guideline 2.5.10 – Performance – Software Requirements」に該当します。

 2.5.10 空の広告バナーまたはテスト広告が表示されるAppは提出しないでください。

blank

 

価格に絡む情報を入れてはいけない

blank

「Guideline 2.3.7 – Performance – Accurate Metadata」に抵触します。「無料」も駄目だそうです。ただし、これは審査する人によって判断が分かれます。

ちなみに私の場合は、リリース時にはスクショに「無料(Free)」の文言が入っていても却下されませんでしたが、アップデート審査時にスクショを変更していないにも関わらず却下されました。

ガイドラインには「App Storeのシステムを悪用する目的で、・・・価格情報、その他無関係のフレーズを盛り込むことは認められません。」とあるので、「悪用する目的」であるかどうかに審査員の裁量が入るということみたいです(これに限らずAppleの審査は一貫性があまりありません)。

2.3.7 独自性のあるApp名を選び、Appを正確に説明するキーワードを選んでください。App Storeのシステムを悪用する目的で、メタデータに商標登録用語、人気のApp名、価格情報、その他無関係のフレーズを盛り込むことは認められません。App名は30文字(半角英数字の場合)以内にする必要があります。なお、App名、サブタイトル、スクリーンショット、プレビューなどのメタデータには、メタデータタイプに該当しない価格、用語、説明などは含めないでください。

blank

 

Androidであることがわかる情報を入れてはいけない

blank

「Guideline 2.3.10 – Performance – Accurate Metadata」に抵触します。Android(Google)はこんなことは言いませんが、Appleは厳しいです。

2.3.10 AppはiOS、iPadOS、macOS、tvOS、watchOSでの使用を前提としてください。許可を得た特定の相互作用的機能がある場合を除き、他のモバイルプラットフォームの名前、アイコン、画像をAppまたはメタデータに含めることはできません。Appのメタデータとして記述できるのは、Appとその操作性に関する情報のみです。関係のない情報は含めないでください。

blank

 

(詳しくは、以下の動画で解説していますので、よろしければご覧下さい)

blank

こんな記事も読まれています

今すぐプレゼントを受け取る(約6時間のFlutter初級編体験版動画講座を無料でプレゼント)
blank

はじめての方へ

blank
みんプロ式プログラミング講座体系・ラインナップ
みんプロ式プログラミング講座受講の流れ(割引特典利用方法)
サイトマップ(みんプロHPコンテンツ一覧)
運営会社概要

おすすめコンテンツ

プログラミングを学ぶとどんないいことがあるのか
みんプロ式を選んでいただける6つの理由
ぼくの人生挫折ヒストリー(代表者プロフィール)
ぼくのプログラミング挫折ヒストリー(無料メール講座・6大特典付き)
今最も注目のアプリ開発ツール「Flutter(フラッター)」ミニ動画講座

みんプロ式動画講座(コア・Flutter)

ゼロからのFlutter(初級編)-はじめてのプログラミングからアプリリリースまで-
Flutter中級編1-Web通信・設計・状態管理・DIの基礎-
Flutter中級編2-Firebase/地図・カメラ連携等の基礎-
Flutter中級編3-広告/アプリ内課金等の基礎-
Flutter中級編4-Webアプリとレスポンシブデザインの基礎-

みんプロ式動画講座(サテライト)

Flutter/Dartトラブルシューティング・小ネタ集(コア初級編受講で無料プレゼント)
ゼロからのGit・GitHub(コマンドラインツールを極力使わないバージョン管理入門)
Flutter/Dartにおける設計・状態管理・DIの解説集
Dart逆引き大辞典
Flutterにおけるテストの基礎
blank
blank

みんプロ作成アプリ

blank
blank
blank
blank

TOP