[Flutter/Dart]Timer.periodic内でのcancel処理の注意点(キャンセルされてもすでに発動されているコールバック関数は最後まで実行される)

Flutterアプリを作るためのプログラミング言語であるDartでは、一定時間(間隔)を開けてから行う処理としてTimerというクラスが用意されており、一定時間の間隔で連続して処理を行う場合は、Timer.periodic名前付きコンストラクタが用意されています。

blank

このTimer.periodicを使う際に、ある条件に合致するとTimer処理をキャンセルすることになりますが、キャンセルされてもすでに発動されているコールバック関数(上の画像でいう「doSomething」)は最後まで実行されるので注意が必要です(timer.cancelのあとに書かれている処理も実行される)。

Once a Timer has been canceled, the callback function will not be called by the timer. 

(Timerが一旦キャンセルされると、そのTimerによって(次の)コールバック関数は呼び出されない=「今実行されているコールバック関数は最後まで実行される」

 

たとえば、以下は、1秒毎に「counter」変数を1つ繰り下げてカウントダウン処理を行い、「counter」の数値が「0」になるとTimer処理をキャンセルさせるコード例ですが、

var counter = 3;
Timer.periodic(const Duration(seconds: 1), (timer) {
  print(counter.toString());
  if (counter == 0) {
    print('Cancel timer');
    timer.cancel();
  }
  counter--;
  print("1回の処理完了");
});

Timer処理をキャンセルさせた場合でも、すでに発動されているコールバック関数は最後まで実行されますので、「timer.cancel()」のあとに記述されている

counter--; 
print("1回の処理完了");

も実行されるので、出力結果はこのようになるということです。

3
1回の処理完了
2
1回の処理完了
1
1回の処理完了
0
Cancel timer
1回の処理完了 //<= コレも実行される

(詳しくは、以下の動画で解説していますので、よろしければご覧下さい)

blank

こんな記事も読まれています

今すぐプレゼントを受け取る(約6時間のFlutter初級編体験版動画講座を無料でプレゼント)
blank

はじめての方へ

blank
みんプロ式プログラミング講座体系・ラインナップ
みんプロ式プログラミング講座受講の流れ(割引特典利用方法)
サイトマップ(みんプロHPコンテンツ一覧)
運営会社概要

おすすめコンテンツ

プログラミングを学ぶとどんないいことがあるのか
みんプロ式を選んでいただける6つの理由
ぼくの人生挫折ヒストリー(代表者プロフィール)
ぼくのプログラミング挫折ヒストリー(無料メール講座・6大特典付き)
今最も注目のアプリ開発ツール「Flutter(フラッター)」ミニ動画講座

みんプロ式動画講座(コア・Flutter)

ゼロからのFlutter(初級編)-はじめてのプログラミングからアプリリリースまで-
Flutter中級編1-Web通信・設計・状態管理・DIの基礎-
Flutter中級編2-Firebase/地図・カメラ連携等の基礎-
Flutter中級編3-広告/アプリ内課金等の基礎-
Flutter中級編4-Webアプリとレスポンシブデザインの基礎-

みんプロ式動画講座(サテライト)

Flutter/Dartトラブルシューティング・小ネタ集(コア初級編受講で無料プレゼント)
ゼロからのGit・GitHub(コマンドラインツールを極力使わないバージョン管理入門)
Flutter/Dartにおける設計・状態管理・DIの解説集
Dart逆引き大辞典
Flutterにおけるテストの基礎
blank
blank

みんプロ作成アプリ

blank
blank
blank
blank

TOP