合同会社てるるの社名の意味

「みんプロ」の運営主体であるぼくたちは、「合同会社てるる」と申します。

この「てるる」とは「照らす」を意味しており、「人々の心を明るく照らして、未来に向かって明るい希望を持ってもらいたい」という、ぼくたちの企業理念が込められています。

人々のやる気に火をつけて、これからの人生を希望を持って生きてもらえるために、何かお手伝いをさせてもらいたい。その一環としてプログラミング講座を展開しているのです。

ぼくたちがプログラミング講座を展開しているのは、確かに世の中がコンピューターにあふれていく中で、それを動かすためのスキルがより重要になってくるから、ということはもちろんあります。

それによって、将来的に仕事に役立つスキルを身につけてもらうということはもちろん狙いの一つです。しかし、スキルを身につけるだけでは、受験勉強と同じになってしまうのです。

そうではなくて、受験勉強では身につかないけれども、生きていく上において必要なことを伝えていきたい。

それを実現するためであれば、実は「プログラミング」でなくてもかまわないわけです。

ぼくたちの想いを「プログラミング講座」の形を取りながら伝えていきたい、ということなのです。

こんな記事も読まれています

みんプロにかける想い

  1. プログラミングを通じて「やわらかい世の中」を作りたい(ぼくがプログラミング講座をやっている本当の理由②)

  2. ぼくが別に言う必要のない挫折の黒歴史をあえてさらけ出している理由(自分の中にある「ブロック」を外すきっかけにしてほしい)

  3. プログラミングはみんなのもの!(プログラミングの醍醐味である「楽しさ」を伝えたい)

  4. こんな無駄な苦労をするのはぼくで最後にしたい(ぼくがプログラミング講座をはじめたわけ)

  5. プログラミングは手段の1つに過ぎない(目的は自分のアイデアを形にすること)

みんプロ作成アプリ




みんプロ代表の黒歴史


TOP