【メルマガ第2号】2021年の大胆予測 (金融の崩壊と「力」の世界から「信念」の世界への大転換の幕開け)

今回の内容の全編を音声動画でご視聴されたい方は、3大特典付き・みんプロ公式メールマガジンにご登録頂くとご覧頂けます。メルマガの詳細・ご登録はこちらをクリック(3大特典あり・登録無料・解除可)。

表向きは大混乱・実はウラでは既に決着しているアメリカ大統領選挙から見える2021年の世界は、「力と奪い合いの世界」から「信念と分かち合いの世界」への大転換が始まると言っていいと思います。

「力と奪い合いの世界」の象徴であり、その頂点に君臨しているのが「金融(業界)」であり、実はウラで決着している大統領選挙の結果が表に出てきたとき、その崩壊が始まる。今の株価は、その崩壊への下り坂に向かう前の頂点にいるように見えます。

コロナによって、経済が人為的にボロボロにされてしまっているにも関わらず、景気のバロメーターであるはずの株価が一向に下がらないという、どう考えてもおかしな現象が続いている。

このカラクリを読み解くカギは、「金融」というものが本来の役割を捨ててしまっていることにあります。

「金融」の本来の役割は、実業(実体経済)でお金の足りないところに「融通」するというところにあります。ですから、実業を差し置いて、金融だけが成長するなんてことはありえないし、あってはいけないことなんです。

しかし、それが今起こってしまっている。資金が足りない実業にお金を「融通」せずに、「金融」の中だけでお金を回してしまっている。

民間金融機関だけではありません。日銀は刷ったお金でなんと株を買っている。国家ぐるみなんです。

これが実体経済がボロボロなのに、株価が一向に下がらない原因です。

これはどんなに頭のいい理屈を繰り出そうが、「金融」の役割を果たしていないわけですから、シンプルにおかしいんです。「金融」が本来の使命を忘れて、実業から富を奪ってしまっているんです。

では、なんでそんなことになってしまったのか。それは、金融(業界)から本来の使命、つまり経営理念や「信念」が完全に欠落して、ただ自分たちだけが儲かればいいメンタリティになってしまったからです。

そのトップ集団の集まりというのが、今のバイデン氏に群がっている人たちなんです。

ですから、今回の大統領選挙の本当の結果が表に出てきたとき、これが崩れていくと思います。

もともと「信念」でつながっている集団ではないので、崩れるのはあっと言う間でしょう。既に日本では政治の舞台で先取りした動きが起こっているように見えます。

では、崩壊の先に何が起こるのか。

金融に関しては「実業でお金の足りないところに『融通』する」という本来の役割に戻っていく。その役割を担うのが既存の金融機関であるかどうかはわかりませんが。

そして、それはこれまでの「力」の論理によって捨て置かれてしまった、本来の「信念」を取り戻す動きになるということです。

これが「金融」に限らず、国家から企業から個人に至るまで、社会のあらゆる層で来年以降の必然的なテーマになっていくでしょう。

・・・・

というような話をさせて頂いています。

全編にご興味ある方は以下のリンクより3大特典付き公式メルマガにご登録頂き、バックナンバーよりご覧下さい(音声動画でご視聴頂けます)。

こんな記事も読まれています

おすすめコンテンツ




Flutter(フラッター)


みんプロ作成アプリ




TOP