[Flutter/Dart]if(bool型の値)はif(bool型の値 == true)と同じ意味

プログラミングの処理は基本的に上から下に一方向で流れていきますが、場合分け等によって途中で処理が枝分かれさせる必要が生じる場合があります。

その処理を枝分かれさせることを「条件分岐」と言いますが、Flutterアプリを作るためのプログラミング言語であるDartを含むたいていのプログラミング言語では、一番シンプルな条件分岐として「if(-else)文」を使います。

blank

この「if(-else)文」は、条件に合致するものを「正(=true)」として、以下のように記述しますが、

if (isRaining == true) {
  you.bringRainCoat();
} else if (isSnowing == true) {
  you.wearJacket();
} else {
  car.putTopDown();
}

条件がbool型(下の例では「isRaining」がbool型)の場合は、

blank

if (isRaining == true)

の「== true」を抜いて

if (isRaining)

と書いても同じ意味になり、こう書くほうが一般的です。

 

(詳しくは、以下の動画で解説していますので、よろしければご覧下さい)

blank

こんな記事も読まれています

今すぐプレゼントを受け取る(約6時間のFlutter初級編体験版動画講座を無料でプレゼント)
blank

はじめての方へ

blank
みんプロ式プログラミング講座体系・ラインナップ
みんプロ式プログラミング講座受講の流れ(割引特典利用方法)
サイトマップ(みんプロHPコンテンツ一覧)
運営会社概要

おすすめコンテンツ

プログラミングを学ぶとどんないいことがあるのか
みんプロ式を選んでいただける6つの理由
ぼくの人生挫折ヒストリー(代表者プロフィール)
ぼくのプログラミング挫折ヒストリー(無料メール講座・6大特典付き)
今最も注目のアプリ開発ツール「Flutter(フラッター)」ミニ動画講座

みんプロ式動画講座(コア・Flutter)

ゼロからのFlutter(初級編)-はじめてのプログラミングからアプリリリースまで-
Flutter中級編1-Web通信・設計・状態管理・DIの基礎-
Flutter中級編2-Firebase/地図・カメラ連携等の基礎-
Flutter中級編3-広告/アプリ内課金等の基礎-
Flutter中級編4-Webアプリとレスポンシブデザインの基礎-

みんプロ式動画講座(サテライト)

Flutter/Dartトラブルシューティング・小ネタ集(コア初級編受講で無料プレゼント)
ゼロからのGit・GitHub(コマンドラインツールを極力使わないバージョン管理入門)
Flutter/Dartにおける設計・状態管理・DIの解説集
Dart逆引き大辞典
Flutterにおけるテストの基礎
blank
blank

みんプロ作成アプリ

blank
blank
blank
blank

TOP